Home
->  8月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
廃プラスチックのリサイクル技術の動向と、SDGsに向けた対策

8月開催 電気系セミナー  更新日:2021年7月 1日
 セミナー番号【108414】8/19 講師1名
★ 廃プラスチックの世界動向とプラスチックの循環利用に向けた課題をわかりやすく解説!

【Live配信セミナー】
廃プラスチックのリサイクル技術の動向と、SDGsに向けた対策


■ 講師
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 ナノプロセス研究所 客員教授 工学博士 加茂 徹 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年8月19日(木) 11:00~15:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税込み・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込み)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講演概要】
 2016年にエレン・マッカーサー財団が海洋漂流プラスチックごみの総重量が2050年には魚類を上回ると発表し、2017年に中国が廃プラスチックの輸入を禁止することを発表して以来、廃プラスチックは国際的に重要な環境問題の一つと認識されるようになった。国連は2015年にSDGsを採択して「作る責任・使う責任」を17の目標の一つと掲げ、EUは循環経済の中でプラスチックの循環利用を最重要項目の一つと選定している。  金属のリサイクルは昔から商業化されてきたが、プラスチックのリサイクルは20年程前に法制化されたにも関わらず未だに多くの問題を抱えている。本講座では、プラスチックのリサイクル(マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、エネルギー回収)の現状と最新技術を紹介すると共に、その問題点や今後の展開を解説する。


【受講対象】
廃プラスチックの現状を知り、その解決法や技術を学ぼうとする企業の技術者あるいは自治体の職員の方。廃プラスチック問題の全体とその解決法の糸口を知りたい市民の方。


【受講後、習得できること】
廃プラスチックに関わる地球環境問題の現状。廃プラスチックに関する国際的の動き。廃プラスチックの最新のリサイクル技術の詳細や今後の展開。


【プログラム】

1.持続可能な社会の実現を目指す背景

2.廃プラスチックに関する世界の動向

3.プラスチックのリサイクルの特徴

4.マイクロプラスチックの現状

5.プラスチックのリサイクル技術の概要
 5.1 選別
 5.2 マテリアルリサイクル
 5.3 ケミカルリサイクル(モノマー還元、原料化、ガス化)
 5.4 PETボトルのリサイクル
 5.5 エネルギー回収
 5.6 評価法(LCA)

6.家電や小型電子機器に使用されているプラスチックのリサイクル

7.自動車に使用されているプラスチックのリサイクル(ASR)

8.バイオマスプラスチックおよび生分解性プラスチックの現状と課題

9.資源循環の未来


【質疑応答】