Home
->  8月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
ハプティックデバイスによる触覚提示とその応用事例

8月開催 化学系セミナー  更新日:2021年7月 1日
 セミナー番号【109207】9/15 講師3名
★ 触知覚のメカニズム、振動・温冷感の提示、触覚と情動の関係!

【Live配信セミナー】
ハプティックデバイスによる触覚提示とその応用事例


■ 講師
1.

広島大学 大学院工学研究科 准教授 博士(工学) 栗田 雄一 氏
2.

(国研)産業技術総合研究所 センシングシステム研究センター 主任研究員 竹下 俊弘 氏
3.

奈良女子大学 研究院工学系 准教授 博士(情報理工学) 佐藤 克成 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年9月15日(水) 10:30~16:15

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき 60,500円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:30-12:00】

1.ヒトの触知覚メカニズムと触感デザイン

広島大学 大学院工学研究科 准教授 博士(工学) 栗田 雄一 氏

 
【講座趣旨】
触感は,持ちやすさや操作感といった機能的価値を決めるだけでなく,質感や高級感にも影響を与える,非常に重要な感覚です.本講座では,皮膚内に存在する受容器を介して人が得る触知覚メカニズムについて概説するとともに,その評価・デザイン手法と応用事例についても紹介します.

1.触感の知覚メカニズム
 1.1 触感の基本感覚
 1.2 皮膚感覚受容器の分類
 1.3 触覚受容器の応答特性
 1.4 神経発火モデル
 1.5 体表面における触覚特性
 1.6 滑り知覚

2. 触感の評価とデザイン
 2.1 滑りの評価とフィードバック
 2.2 振動の評価とフィードバック
 2.3 表面テクスチャと触感
 2.4 触感のコンピュテーショナルデザイン
 2.5 力感と触感
 2.6 力感のデザインとフィードバック

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:00-14:30】

2.極薄MEMS技術を用いたフィルム状振動デバイス開発

(国研)産業技術総合研究所 センシングシステム研究センター ハイブリッドセンシングデバイス研究チーム 主任研究員 竹下 俊弘 氏

 
1.極薄MEMS技術とその応用研究

2.極薄振動素子の基礎特性

3.フィルム状振動デバイスの応用例

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:45-16:15】

3.温冷感知覚メカニズムと温冷感再現技術

奈良女子大学 研究院工学系 准教授 博士(情報理工学) 佐藤 克成 氏

 
【講座の趣旨】
ヒトが物体に触れた際に知覚する冷温感について,知覚特性から計測・提示技術,応用事例まで網羅的に紹介する.


1.冷温感の知覚
 1.1 生理学的知見
 1.2 知覚特性
 1.3 多感覚相互作用

2.冷温感の計測・提示技術
 2.1 計測技術
 2.2 提示技術

3.冷温感の応用
 3.1 肌触り
 3.2 快適性・情動性

【質疑応答】