Home
->  10月開催 その他セミナー  9月開催 その他セミナー 

【Live配信セミナー】
R&D部門のデータ共有・利活用(MI,AI)のためのデータ共有システム構築と進め方

9月開催 その他セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110502】10/6 講師1名
★属人的、形骸化したデータ管理からどう脱却するか!
研究の信頼性、効率化を高める導入の仕組みづくり、意識改革のポイント!

【Live配信セミナー】
R&D部門のデータ共有・利活用(MI,AI)のためのデータ共有システム構築と進め方


■ 講師
(株)キャトルアイ・サイエンス 代表取締役 上島 豊氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年10月6日(水)10:30~16:30

会 場 : Zoomウェビナーを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
(聴講者のビデオはOFFに設定しています)
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。



プログラム

【講演趣旨】 
IoTやAIの普及により、製造工程以降のデータ利活用は急激に進展しています。一方、 公的研究機関であれ、民間企業であれ、R&D部門におけるデータの取り扱いは属人的なままであ り、研究の信頼性が阻害されたり、効果的なデータの利活用がほとんど進んでいないのが実態で す。R&D部門は技術の源泉であり、データを精緻に管理して効果的に利活用する、つまりデータ分 析・AI化を行うことは、今後の競争力にとって不可欠です。 本講演では、まず、R&D部門のデータ共 有、利活用の実情をお話しさせていただき、データ共有、利活用が進まない状況がなぜ発生してし まうのか?そのような状況にはどのような問題がはらんでいるのか?等を説明させていただきます。 次に、データ共有、利活用状況を改善するために必要な方策に関して、データ共有、利活用システ ムを導入する際に必要な要件、および各個人に必要な意識改革や会社としての体制づくり等を説明 させていただきます。最後に、これら方策を実施した具体例をもとに、改善効果および改善運用後に 陥りがちな落とし穴とそれらの回避方法に関して解説させていただきます。

【講演項目】
1.はじめに
  講演者のR&D実績とデータ管理の取り組みについて

2.R&D部門のデータ共有の実情
  2.1 R&D部門のデータ共有状況
  2.2 属人的データ共有状況が引き起こす問題
  2.3 属人的データ共有状況が生み出される原因

3.データ共有状況を改善するために必要な方策
  3.1 属人的データ共有状況を脱するための事前準備
  3.2 属人的データ共有状況を脱するためのデータ共有システム導入に必要な要件
  3.3 属人的データ共有状況を脱するために必要な各個人の意識改革
  3.4 属人的データ共有状況を脱するために必要な会社としての体制づくり

4.方策を実施した具体例とケーススタディ
  4.1 データ共有システム導入による改善例
  4.2 データ共有システム導入の失敗例とそれを防ぐ方策
  4.3 データ共有システム運用後陥りがちな落とし穴とそれを防ぐ方策

5.まとめ

【質疑応答】