Home
->  10月開催 医薬系セミナー  9月開催 医薬系セミナー 

【Live配信セミナー】
VUCA時代の医薬品開発マネジメントと薬価/事業化戦略の織り込み方

9月開催 医薬系セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110111】10/5 講師2名
☆ 見えない未来をいかに可視化しTPPに落とし込む?マネジメントでの活用法は?
 医薬品市場環境の不確実性を考慮した、今後の戦略策定・遂行のコツ!

【Live配信セミナー】
VUCA時代の医薬品開発マネジメントと薬価/事業化戦略の織り込み方


■ 講師
【第1部】 
第一三共(株) 研究開発本部 開発統括部 開発薬事部 塚本淳 氏

【第2部】 Pharma Business Consultant 長江敏男 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年10月5日(火 )10:30~16:30

会 場 : Zoomを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
聴講料 :
聴講料 1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:30~12:30】  
【第1部】 TPP活用とプログラムマネジメントによる価値最大化
     ~VUCA時代における開発戦略立案実行のために考えるべきこと

第一三共(株) 研究開発本部 開発統括部 開発薬事部 塚本淳 氏

 
【講座主旨】

VUCA時代の混乱と複雑さは確実に新薬創出などの新たな治療法の創出に大きな影響を与えてきている。技術革新により今まで出来なかったことが出来るようになり革新的な治療の可能性が出てきた一方で、サイエンスが追いつかないことによる不確実さ、特にその有効性・安全性の影響など分からなくなってきたことも多い。その様な中、従来から新薬研究開発を効率的に進めるために工夫されてきたプロセス、ツールが見直されており、その1つにTarget Product Profile(TPP)がある。本セッションでは、まずは情報を整理して皆さんに提供し、TPPの活用を一つの軸として、それぞれが置かれた環境下でどのように解釈するか、活用するか、理解と考察を深める場にしたい。その後、長江先生の講義の内容と合わせ、具体的にいま私たちは何を考え、どう行動していけば良いのか。活発な質疑応答・パネルディスカッションを通じて議論したい。

【講座内容】

・「そのプロジェクト、本当の目的は何ですか?」 ― 開発戦略立案のその前に

・開発戦略の本質

・戦略文書としてのTarget Product Profile =見えない未来をどう可視化するか?

・Target Product Profileの特徴

・Target Product Profileの利点・活用

・プロジェクトマネジメント・プログラムマネジメント概念とその最近の大きな動き
  ―近年、そして今何が起きているのか?

・プロジェクトが「上手くいく」ために必要なことは?

・プロジェクトの「失敗」とは何か。そしてそこから何を学ぶのか。

・結局プロジェクトを動かすのは「人」 
【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------
 
【13:30~15:30】
【第2部】 R&D段階から薬価/事業化戦略スタート、薬価ケーススタディ、事業価値最大化

Pharma Business Consultant 長江敏男 氏

 
【講座主旨】
With/After COVIDは限られた医療資源の再配分、薬価制度大改革が不可避と言う環境を予測しています。創薬研究開発段階で、薬価を含む事業化戦略、同価値最大化の代替案を提示提案します。薬価戦略は、業界通念、会社通念、個人通念が、「痛念=機会損失」に陥った多くの実例を見てきた。そうならないように、成功と失敗の分れ目を提示します。薬価収載のケーススタディを紹介し実践実務的なQ&Aディスカッションにより、医薬の事業価値最大化そして参加者個人の能力開発につなげる狙いです。(批判を目的としません)

【講座内容】

・医療費再配分、薬価制度大改革、将来の薬価戦略課題と解決代替案

・事業化戦略、同価値最大化によるリターンは次世代研究開発の原資として再配分

・創薬研究段階からTPPに基づく薬価戦略、事業化戦略(vs 人生双六症候群)

・予測プロセス、演繹法と帰納法、限られたエビデンスで仮説構築そして検証

・薬価、事業価値評価の的中と間違いの分れ目、実務を通しセンスを磨き人材育成

・ケーススタディ>1st-in-Class 2021年までの複数事例、原価方式

・ケーススタディ>Best/Last-in-Class 2021年までの複数事例、類似比較方式

・ケーススタディ>Re-positioning 2021年までの複数事例、原価方式

・ケーススタディ>製品特徴と原価方式/類似薬効比較方式の有利/不利など

・ケーススタディ>創薬研究段階の治療薬候補、薬価/事業化戦略などコメント

・原価方式と類似比較方式の有利不利は、R&D段階で見極め、定量予測が必要

・両方式の適否、エビデンス、仮説に基づき、価値最大化の開発シナリオ代替案

・知識、情報は活かしてなんぼ、よくある予測準備と結果の落差、その回避策

・当局への相談、タイミング、上手下手の分かれ目、実効性を期待できるQ&A

・創薬R&Dプロジェクト事業価値最大化と人材価値最大化は共通要素が多い

【質疑応答】

 
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:40~16:30】
【第3部】 ネルディスカッション  『TPPを実現する開発戦略/プロトコール、薬価を含む事業化戦略、価値最大化へ』

第一三共(株) 塚本淳 氏,Pharma Business Consultant 長江敏男 氏