Home
->  10月開催 医薬系セミナー  9月開催 医薬系セミナー 

【Live配信セミナー】
分子集合体(液晶、αゲル)の調製・物性制御と実用系への応用

9月開催 医薬系セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110102】10/13 講師1名
★ ラメラ液晶、αゲルの生成と安定化 高内相比W/Oエマルションの高持続性
★ 相図を用いた解析手法と適切な界面活性剤の選択ポイント!

【Live配信セミナー】
分子集合体(液晶、αゲル)の調製・物性制御と実用系への応用


■ 講師
ニッコールグループ(株)コスモステクニカルセンター執行役員
東京理科大学客員教授
鈴木 敏幸 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年10月13日(水) 10:30~16:00

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき 55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。



プログラム


 
【講座の趣旨】
 液晶、αゲル、両連続D相(マイクロエマルション)は両親媒性分子が形成する分子集合体で、様々な実用製剤に応用されて機能を発揮しています。本セミナーでは、界面活性剤をはじめとする両親媒性分子がつくる分子集合体の形成条件、構造と物性の確認およびその制御について平易に解説します。また、乳化・可溶化へのαゲル、液晶、D相の使い方、相図を用いた解析手法と適切な界面活性剤の選択、さらに実用系におけるαゲル、液晶、両連続マイクロエマルション製剤の開発事例を紹介いたします。


【講演内容】

1.両親媒性分子が形成する分子集合体
 1.1 界面活性剤の特異な溶解挙動と分子集合体の形成
  ・会合体形成の推進力は?
 1.2 分子形状と会合構造の関係
  ・充填パラメーター
 1.3 水和結晶(コアゲル)、αゲル、液晶と相転移
  ・液晶とαゲル:違いと関連研究の歴史的流れ、安定と準安定
 1.4 液晶、αゲルの見分け方と構造解析の方法
 1.5 αゲルの調製のポイントと安定化、水の状態

2.乳化、可溶化、マイクロエマルションと分子集合体(相図を用いた理解)
 2.1 相図の基礎:基本ルールと読み方/作り方
 2.2 相図で解る界面活性剤の性質と能力(2成分系)
  ・相互溶解度曲線とタイライン、クラフト点と曇点
  ・可溶化に適した界面活性剤の構造
 2.3 分子集合体を用いた効率よい乳化、可溶化と安定化・粘弾性制御
  ・3成分系相図のパターンと読み方
  ・乳化手順により状態が異なる理由(最適乳化条件を知る)
  ・最適な可溶化条件とマイクロエマルション
  ・液晶、D相を用いた微細エマルションの調製
  ・エマルション中のラメラゲルネットワーク形成と特性制御

3. 実用系で生きる分子集合体を用いた製剤技術と開発事例
 3.1 自己乳化型液晶ジェル、両連続D相を用いたクレンジング剤
  ・生活環境変化と性能設計 ・ 機能発揮のキーポイント
 3.2 ラメラ液晶、αゲルの生成/安定化と高保湿製剤
  ・脂質間相互作用によるαゲルの安定化
  ・マルチラメラエマルションの調製と保湿効果の機構解析
  ・その他: ナノエマルションジェル、αゲルを用いたカードハウス型保湿ジェル
 3.3 高内相比W/Oエマルションの調製と安定化の実際
  ・逆ヘキサゴナル液晶を用いた高内相比エマルション(高持続性と使用感の両立)


【質疑応答】

【略歴】
1976~2009 花王(株)研究開発部門(2002より同社パーソナルヘルスケア研究所所長)
2009~2011 エスエス製薬(株)取締役 新製品開発本部長
2011~    ニッコールグループ(株)コスモステクニカルセンター執行役員、東京理科大学客員教授 (工学博士)