Home
->  10月開催 医薬系セミナー  9月開催 医薬系セミナー 

【Live配信セミナー】
フォーミュラリー掲載を狙った医薬品マーケティング戦略

9月開催 医薬系セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110103】10/14 講師2名
★ 医薬品マーケティング(本社・支社・営業所・MR)のフォーミュラリー対策!
★ フォーミュラリー時代に向けたエリアマーケティングとは?

【Live配信セミナー】
フォーミュラリー掲載を狙った医薬品マーケティング戦略


■ 講師
【第1部】  横浜市立大学附属病院 薬剤部 副薬剤部長 小池 博文 氏
【第2部】 (株)アサヒ・シーアンドアイ 学術企画本部長 谷口 公嗣 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年10月14日(木) 10:30~16:00

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
聴講料 1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:30~12:00】
【第1部】 フォーミュラリマネジメントの現状と導入効果

横浜市立大学附属病院 薬剤部 副薬剤部長 小池 博文 氏

 
【講座主旨】
 横浜市立大学附属病院では、2018年4月より院内フォーミュラリーの運用を開始している。本日はフォーミュラリー導入の作成プロセス、運用管理、導入事例、導入効果について報告する。あわせて、地域フォーミュラリーへの拡大へ向けて当院が取り組んでいる手法についても紹介したい。

【講演内容】

1.院内フォーミュラリー導入背景と作成プロセス
2.院内フォーミュラリーの事例紹介と導入効果
3.地域フォーミュラリーの推進に向けて


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:00~16:00】
【第2部】 自社品のフォーミュラリー掲載に向けてのマーケティング戦略

(株)アサヒ・シーアンドアイ 学術企画本部長 谷口公嗣 氏

 
【講座主旨】
 地域包括ケアシステムが2025年に本格的に始動されるが、それに向けて、医療機関が生き残るためにフォーミュラリーの活用ニーズは益々の高まってきている。 政府も医療費削減のためにフォーミュラリーの活用を推進しており、2021年度の後発品の使用促進を進める中で、強力な追加措置の例として、ジェネリック医薬品だけではなく、バイオシミラーの数量シェア目標を設定することも政府内で論点となっている。 製薬会社は、後発品に限らず先行医薬品についても、今後、フォーミュラリーに自社の製品が採択されるような働きかけを開始することが必須となる。MRは、医師や薬剤師と自社製品に関して議論できる信頼されるMRになり、フォーミュラリーに自社製品を掲載してもらえる資質を有しなければ生き残れない。 本セミナーでは、フォーミュラリー時代に向けた医薬品マーケティングをどのように推進していくべきかに関して、私の知見をご紹介させていただくと同時に、将来を先読みした製薬会社はどのような動きを展開し始めているかをご紹介する。

【講演内容】

1.迫りくる地域包括ケア;地域医療政策と病院の経営戦略の動向
 ・政府もフォーミュラリーの普及に力を入れ始めた
 ・地域医療政策の考え方
 ・地域医療政策に対応した医療機関の基本戦略

2.院内および地域フォーミュラリーの動向
 ・フォーミュラリーが注目される医療政策上の背景
 ・フォーミュラリーがジェネリックビジネスを変える
 ・地域フォーミュラリー策定に向けた取り組み
 ・院内フォーミュラリーから地域フォーミュラリーへの流れ
 ・バイオシミラーはバイオセイムに勝てるのか?
 ・効能が異なる先行医薬品と後続医薬品をどのようにフォーミュラリーに取り入れているのか(具体例の提示)

3.製薬会社のマーケティング戦略の変化
 ・コロナウイルス対策緊急事態宣言によりディテールの在り方が変化する
 ・製薬会社はリモートディテールに舵取りをしていくだろう
 ・MRは今以上の専門性がなければ生き残れないだろう。その対策はどのように講じている?(具体例を教示します)

4.フォーミュラリーによる医療費削減効果

5.フォーミュラリー掲載に向けてのマーケティング戦略
 ・製薬業界(先発品および後発品メーカー)に与える影響
 ・医薬品マーケティング(本社)のフォーミュラリー対策
 ・医薬品マーケティング(支社・営業所・MR)のフォーミュラリー対策
 ・フォーミュラリー時代に向けたエリアマーケティング


【質疑応答】