Home
->  10月開催 電気系セミナー  9月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
金属、セラミックスの焼結技術

9月開催 電気系セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110412】10/7 講師1名
★ 焼結の基礎、粉末の粉砕、混合、造粒といった前処理、成型過程、焼結体の評価法まで徹底解説!

【Live配信セミナー】
金属、セラミックスの焼結技術


■ 講師
長岡技術科学大学 大学院 技術研究院 機械創造工学専攻 教授 博士(工学) 南口 誠 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年10月7日(木) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税込み・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込み)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講演概要】
 金属やセラミックスの製造方法として、焼結は古くから利用されている。昨今では、自動車産業などに燒結金属やセラミックスの利用拡大がなされている。加えて、セラミックスや新素材の中には粉末を焼結する以外ではラボレベルでもバルク体を得ることが難しい材料も多く、材料開発の意味でも重要な方法である。しかしながら、焼結は高度なノウハウを必要とする技術であるがゆえ、その背景にある基礎的な学問が重要視されていないところもある。
本セミナーでは、金属やセラミックスの焼結に関する基本的な考え方とその基礎を中心に解説するとともに、焼結の周辺技術や最近のトピックスについて述べる。

【受講対象】
ある程度,焼結に関わる研究・開発経験がある研究者・技術者

【習得できる知識】
焼結に関する基本的な考え方とそのバックグランドを修得できます. 焼結の基礎を物理化学的な観点から説明します.焼結に必要な拡散や熱力学についても説明します.その上で焼結のために必要な前処理や焼結体の評価についても説明します.研究室での経験を使ったケーススタディもご紹介します


【プログラム】

1. 焼結の基礎
 1.1 焼結の進行に対する分類
 1.2 中・終期焼結
 1.3 液相焼結
 1.4 粒成長
  1) 粒成長機構
  2) 助剤の影響

2. 拡散現象の基礎
 2.1 拡散機構
 2.2 フィックの法則
  1) 酸化物の拡散係数
  2) 律速過程の問題
  3) 固体内の空孔形成
  4) 金属の空孔濃度

3. セラミックスの欠陥化学
 3.1 材料欠陥の熱力学
 3.2 欠陥の酸素分圧依存性: Kroger-Vink図

4. 焼結の前工程
 4.1 粉末の準備
  1) 粉砕,混合,造粒
   ・ボールミル
   ・ミル用ボール
   ・遊星ボールミル/アトライター
   ・新しい方法
 4.2 成形
  1) 乾式成形,湿式成形
  2) 成形工程での問題

5. 種々の焼結方法
 5.1 大気焼結
 5.2 真空焼結と雰囲気焼結
 5.3 加圧焼結:ホットプレス,熱間等方加圧焼結

6. 焼結体の評価方法
 6.1 密度測定
 6.2 粒径測定
 6.3 組織観察
 6.4 その他

7. 最近の話題 (事例紹介)


8. まとめ


【質疑応答】