Home
->  10月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
イソシアネートの反応機構と構造、硬化物性の制御

9月開催 化学系セミナー  更新日:2021年8月 5日
 セミナー番号【110208】10/15 講師3名
★ 所望の構造、物性を得るために! 選び方、使い方のポイントがわかる!

【Live配信セミナー】
イソシアネートの反応機構と構造、硬化物性の制御


■ 講師
1.

昭和電工(株) コーティング材料部 技術統括マネージャー 服部 陽太郎 氏
2.

積水化学工業(株) 耐火材料製造部 参事 博士(工学) 村山 智 氏
3.

旭化成(株) 機能性コーティング事業部 デュラネート技術開発部 グループ長 原田 佳司郎 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年10月15日(金) 10:30~16:15

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき 60,500円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:30-12:00】

1.イソシアネートモノマーの物性、その誘導体の硬化物特性と応用例

昭和電工(株) コーティング材料部 技術統括マネージャー 服部 陽太郎 氏

 
1.イソシアネートモノマーの種類と特徴
 1.1 イソシアネートモノマーの種類
 1.2 イソシアネートモノマーの反応性

2.イソシアネートモノマーを用いたウレタン(メタ)アクリレートの合成

3.モノマーの構造と架橋・硬化物特性
 3.1 イソシアネートモノマーとウレタンアクリレートの構造
 3.2 UV硬化性
 3.3 機械強度、鉛筆高度および密着特性

4.イソシアネートモノマーを用いたアクリルポリマーの物性とその応用例
 4.1 UV硬化型ポリマーとその応用例
 4.2 熱硬化型ポリマーの合成と、低温硬化性2液ウレタン組成物への応用

5.ブロックイソシアネートモノマー
 5.1 ブロックイソシアネートモノマーの種類と乖離特性
 5.2 低温硬化性ウレタン材料への応用

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:00-14:30】

2.ブロックイソシアネート、解離触媒の種類、選定と応用例

積水化学工業(株) 耐火材料製造部 参事 博士(工学) 村山 智 氏

 
【講座の趣旨】
イソシアネートは反応性が高いという特性を持つが,その反面として低い経時安定性,1液化や水系化の困難などが問題となる。イソシアネートのブロック化(マスク化)は,これらの問題を解決する有効な方法である。本講座では,ブロックイソシアネートを選定し,使いこなすための基礎知識として,まずイソシアネートの反応機構,ブロックイソシアネートの種類と反応機構を取り扱う。また,特に低温解離に有効な触媒の種類と選定方法,さらにこれらの応用について述べる。


1.イソシアネートの反応機構
 1.1 ウレタン化,ウレア化反応
 1.2 その他の反応

2.ブロックイソシアネートの種類と反応機構
 2.1 ブロック剤の種類
 2.2 各種ブロックイソシアネートの解離反応機構

3.触媒によるブロック解離機構
 3.1 ブロックイソシアネートの解離触媒
 3.2 触媒による解離機構

4.ブロックイソシアネートの応用
 4.1 塗料分野
 4.2 水系ブロックイソシアネート
 4.3 その他の応用

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:45-16:15】

3.イソシアネート系水性架橋剤の反応機構とその使用方法

旭化成(株) 機能性コーティング事業部 デュラネート技術開発部 グループ長 原田 佳司郎 氏

 
1.架橋の基礎
 1.1 架橋とは
 1.2 各種架橋反応
 1.3 ウレタン架橋と各種物性

2.ポリイソシアネートについて
 2.1 ジイソシアネートモノマー
 2.2 イソシアネート基の反応
 2.3 ジイソシアネートの反応性
 2.4 ポリイソシアネートの構造
 2.5 ポリイソシアネートの物性

3.ポリイソシアネートの水性化
 3.1 ポリイソシアネートの水系化方法
 3.2 親水基導入タイプ
 3.3 疎水低粘度タイプ
 3.4 1液タイプ(ブロックポリイソシアネート)

4.用途例

【質疑応答】