Home
->  5月開催 その他セミナー 

【Live配信セミナー】
研究開発部門へのDX推進と新規事業への活用方法

5月開催 その他セミナー  更新日:2021年4月 1日
 セミナー番号【105510】5/28 講師3名
★デジタルトランスフォーメーション推進、導入に待ったなし!
どのように先端技術を活用し、新しい価値の創造、業務効率化に繋げればよいか!

【Live配信セミナー】
研究開発部門へのDX推進と新規事業への活用方法


■ 講師
1.
(一財)日本情報経済社会推進協会 常務理事 坂下 哲也 氏
      (担当:電子情報利活用研究部、認定個人情報保護団体事務局)

2. 昭和電工マテリアルズ(株) 営業本部 営業企画部 マーケティング企画グループ 部長代理 竹内 良一 氏
3. 元・花王(株) 先端技術戦略室 企画部長 田中 猛訓 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年5月28日(金)10:30~16:15

会 場 : Zoomウェビナーを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
(聴講者のビデオはOFFに設定しています)
聴講料 :
1名につき60,500円(消費税込み、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕


■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。



プログラム

<10:30~12:00>


【第1部】デジタルとグリーンから見たデータ利用とビジネス化の課題の展望

(一財)日本情報経済社会推進協会 坂下哲也 氏


【講演趣旨】
ドラッガーは"企業を始めとするあらゆる機関が社会の機関である"と述べ、人体の器官である"organ"という単語を充てたのが2008年だった。2017年政府が提示した"SOCIETY5.0"は正に業界を横断したアーキテクチャを産官学が"organ"として機能する思想を内包している。2020年政府はCOVID-19の影響が世界経済へ影響を及ぼす中でデジタルとグリーンをテーマに成長戦略を組み立てた。それに合わせて実証実験や先行研究の取り組みも活発になってきた。一方で、実証に留まるものが多いという意見や先行研究がビジネスに転化していかないと言う課題も聞く。科学と社会実装の橋渡しに必要な事は何か、実例を交えて解説し、参加各社の新規事業検討の参考となる題材を提供する。
【講演項目】
1.地球温暖化、感染症の拡大から見える世界の動き

2.日本におけるデジタル戦略、グリーン戦略の特徴

3.IOT、AI、ビックデータによる構造変化とは何か

4.政府が取り組む研究、実証事業の紹介
 4-1.サプライチェーンのデジタル化
 4-2.自動化するためのプラットフォーム
 4-3.データ利用

5.新規ビジネスを考える上の視点
 5-1.異分野との連携
 5-2.重要になってきたガバナンス

6.国際標準化活動における日本の課題

7.2030年に向けた展望

【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------

<13:00~14:30>

【第2部】昭和電工マテリアルズにおける新規事業へのデジタルツール活用の仕方

昭和電工マテリアルズ(株) 竹内良一 氏


【講演趣旨】
現在、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が、私達を取り巻く多くのビジネスシーンにおいて進んでいる。DXという言葉の解釈は様々であるが、デジタルインフラやデータを活用し、業績向上を目的とした社内業務の変革、改革、改善が各企業では必要とされ、特にコロナ禍においてはDX関連のツールの導入や運用が進むスピードは増している。そういった変化は、製造業、BtoBビジネスの中でも起こっており、他社同様に弊社でも、デジタルツールを活用した研究開発、生産管理、品質保証、営業&マーケティング業務へのDX導入が各部門の程度の差はあるが進んでいる。今回の講演では、その中でも、弊社が約4年以上取り組んでいるデジタルマーケティングについての活動を紹介する。
【講演項目】
1.はじめに

2.弊社概要、組織説明

3.デジタルマーケティング活動説明
 3-1.きっかけ
 3-2.仕組み
 3-3.コンテンツ
 3-4.データ活用例
 3-5.デジタル×リアル
 3-6.マルチチャネル活用

4. コロナ禍での社内の変化

5. 今後の活動

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

<14:45~16:15>


【第3部】花王のDX推進の為の専門組織 ~現状と課題~

元・花王(株) 田中猛訓 氏


【講演趣旨】
社会の変化に大きな影響を与えている要因の一つとしてデジタルテクノロジーの存在が挙げられる。デジタルテクノロジーは「いつでも、どこでも、誰とでも時空の制約を超えてコミュニケーションできる」という破壊的イノベーションをもたらすが、これを企業価値向上の武器として使いこなすことができるか否かが企業の存続をも左右する。花王は、戦略的デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、先端技術を活用して、ビジネスの変革と業務の効率化を図っているが、その現状と課題を事例を交えて紹介する。
【講演項目】
1.花王の概要

2.DXに対する課題意識

3.DX推進方針

4.専門組織の体制
 4-1.能率化活用チーム
 4-2.情報戦略チーム
 4-3.事業・販売チーム
 4-4.IT設計管理チーム

5.活動事例
 5-1.新しい価値の創造を目指して
 5-2.業務の能率化を目指して

6.今後について

【質疑応答】