Home
->  5月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
ろ過とフィルターの基礎知識とフィルター選定方法

5月開催 化学系セミナー  更新日:2021年4月 1日
 セミナー番号【105209】5/28 講師1名
★ ろ過メカニズムからプロセス設計まで! 高粘度流体で起こる不具合の対策!

【Live配信セミナー】
ろ過とフィルターの基礎知識とフィルター選定方法


~高粘度流体ろ過における注意点~

■ 講師 日本ポール(株) 応用技術研究所 マネージャー 難波 竹已 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年5月28日(金) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき 55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講座の趣旨】
 ろ過とは、製品品質の向上や設備の信頼性向上を目的として、プロセス流体やシステム流体から、不要な成分(コンタミナント)を取り除く操作・工程である。このろ過を適切に、かつ効果的に行うには、適切なフィルターの選定とともに、目的に適したろ過操作法の決定が重要です。
 本セミナーでは、フィルターやろ過操作の基礎から応用、フィルターやろ過方式選定の際に考慮すべき要素について紹介いたします。
 フィルターやろ過の基礎から説明をしていくので、これからフィルターやろ過について勉強を始める方も、お気軽に受講下さい。

【習得できる知識】
・ろ過の基礎知識
・フィルターの基礎知識
・ろ過方式選択のための基礎知識
・フィルター選定のための基礎知識


1.はじめに(そもそもろ過とは?)
 1-1 ろ過とフィルターの定義
 1-2 ろ過の種類
  (1)粒子サイズを表す単位
  (2)除去対象のサイズによる分類
  (3)除去対象の捕捉のされ方による分類
  (4)清澄ろ過と分級ろ過
  (5)全量ろ過と部分ろ過
 
2.ろ過の基礎(フィルターはどうやって粒子を捕まえるのか?)
 2-1 粒子捕捉のメカニズム
 2-2 フィルター目詰まりの数式表現
  (1)完全閉塞
  (2)標準閉塞
  (3)ケーキろ過
  (4)中間閉塞
 
3.ろ過プロセスの設計(どんなフィルターでどんなろ過方式で目的を達成するか?)
 3-1 フィルターの種類と構造
  (1)ろ材の材質
  (2)フィルター形状
  (3)ハウジング
  (4)シール方法
 3-2 ろ過の操作法
  (1)デッドエンドろ過とクロスフローろ過
  (2)連続ろ過とバッチろ過
  (3)シングルパスろ過とバッチろ過
 3-3 ろ過プロセスの設計
  (1)ろ過プロセス設計において検討すべき項目
  (2)ラボスケール試験・フィールド試験
  (3)ディスポーザブルフィルターとろ過システムの選定方法
  (4)流体清浄度レベルの評価法
  (5)スケールアップの際に注意すべき項目
 
4.高粘度流体のろ過に関する問題と解決への考え方(高粘度流体ろ過の問題と解決策へのヒント)
 4-1 高粘度流体ろ過の基本
 4-2 高濃度粒子分散系高粘度流体のろ過
 4-3 溶融樹脂のろ過
 4-4 高濃度粒子分散+樹脂溶解系高粘度流体のろ過

【質疑応答】