Home
->  4月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
ライトフィールドの最新研究動向とカメラ、ディスプレイへの応用技術

4月開催 電気系セミナー  更新日:2021年3月 2日
 セミナー番号【104404】4/22 講師1名
★ライトフィールドでどんなことができるのか、どこまで研究は進んでいるのか?
基本的な考え方から理論、解析方法そして応用事例まで最新動向を解説!

【Live配信セミナー】
ライトフィールドの最新研究動向とカメラ、ディスプレイへの応用技術


■ 講師
法政大学 情報科学部 教授 博士(情報理工学) 小池 崇文 氏

■ 開催要領
日 時 : 2021年4月22日(木) 10:30~16:30
会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 : 1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【本講座で学べること】
・ライトフィールドとは何かがわかり,論文・特許等の技術情報を読むための基礎知識
・ライトフィールドカメラ・ディスプレイの仕組み
・ライトフィールドの応用例
・ライトフィールドの将来可能性


【講座概要】
ライトフィールドは、光を電磁場などの物理的な場と同様に捉える考え方であり、かつ、光を記述する関数でもある。一般には、ライトフィールドは、2次元の位置と、2次元の方向の4次元の情報で表さられ、様々な処理や解析を行う。1996年にコンピュータグラフィックス分野で本格的に研究が始まったライトフィールドは、当初は、複数枚の画像から新しい画像を生成するイメージベースドレンダリングの一手法という位置付けであった。しかしながら、現在は、多くの研究によりコンピュータグラフィックスやコンピュータビジョン、画像処理だけでなく、光学設計、ディスプレイ、カメラ、他分野でも有用であることがわかってきた。ライトフィールドは理論的な解析も進んできており、今まで以上に幅広い領域に応用が広がりつつある。近い将来、関連分野では必須の知識・技術となると予想される。一方で、ライトフィールドの日本語での解説は少なく、国内では十分な認知がされているとは言いがたい状況である。
そこで、本セミナーでは、ライトフィールドの基本的な考え方から、記法、理論的背景、解析方法について説明し、続いて、ライトフィールドの主な応用先であるカメラとディスプレイを中心に、最新の研究開発動向も交えながら解説を行う。

1.ライトフィールドの基礎
 1.1 ライトフィールドとは何か
 1.2 ライトフィールドの背景・歴史
 1.3 ライトフィールドの理論的基礎・特性

2.ライトフィールドの理論
 2.1 光線空間
 2.2 ライトフィールドの定式化
 2.3 ライトフィールドの座標系・表現
 2.4 ライトフィールドのサンプリング理論
 2.5 ライトフィールドの処理
 2.6 自由視点画像生成
 2.7 ライトフィールドの評価手法

3.ライトフィールドカメラ
 3.1 ライトフィールドカメラの原理
  3.1.1 プレノプティックカメラ
  3.1.2 フォーカスドプレノプティックカメラ
  3.1.3 カメラアレイ
 3.2 ライトフィールドカメラの実装例
  3.2.1 カメラアレイ
  3.2.2 レンズアレイカメラ
 3.3 ライトフィールドカメラの研究動向
  3.3.1 VR応用
  3.3.2自由視点画像生成

4.ライトフィールドディスプレイ
 4.1 ライトフィールドディスプレイの原理
  4.1.1 標本化方式ディスプレイ
  4.1.2 積層方式 (テンソル) ディスプレイ
 4.2 ライトフィールドディスプレイの実装例
  4.2.1 バリア方式
  4.2.2 レンズアレイ方式
  4.2.3 複数パネル方式
 4.3 ライトフィールドディスプレイの製品化動向
  4.3.1 ライトフィールド関連ベンチャー企業紹介
  4.3.2 製品技術解説
 4.4 ライトフィールドディスプレイの応用
  4.4.1 裸眼3D(立体)ディスプレイ
  4.4.2 ピント調節機能付きライトフィールドディスプレイ
  4.4.3 ヘッドマウントディスプレイへの応用
  4.4.4 メガネ型ディスプレイへの応用
  4.4.5 ヘッドアップディスプレイへの応用
  4.4.6 その他

5.ライトフィールドの可能性と今後


【質疑応答】