Home
->  4月開催 電気系セミナー  5月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
車載電池の事業競争力と開発動向

4月開催 電気系セミナー  更新日:2021年3月 1日
 セミナー番号【105412】5/12 講師1名
★ 各国の規制の動向は? それに対する取組みは? 技術動向、安全性動向を詳解!

【Live配信セミナー】
車載電池の事業競争力と開発動向


■ 講師
元東海大学 教授 工学博士 森本 雅之 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年5月12日(水) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき56,584円(消費税込み・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき52,668円(税込み)〕

※本セミナーではパワーポイントの資料の他に、佐藤 登著「電池の覇者」日本経済新聞出版をテキストとして使用いたします。
当書籍をお持ちの方は、上記金額より聴講料を1,584円(税込み)割引いたします。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講演概要】
米国ZEV規制と欧州CO2規制を始め、中国NEV規制が同時進行しています。このような状況下で、自動車業界、電池業界、部材業界はしたたかな戦略が必要とされています。NEV規制では日本が得意としているハイブリッド車はクレジット対象から除外されてきたが、2019年7月に見直しをかけ、2021年からハイブリッド車も優遇する方針転換を図りました。この政策方針の変更は正しい方向への軌道修正となります。
各業界のEVシフトに対応する積極投資もあり、2021年以降を見据えてグローバル競争が激化します。本セミナーでは、国内外におけるリチウムイオン電池及び関連部材の市場・技術動向、電動化を加速させている自動車業界の動向、および各業界に今後求められる対応・戦略等について解説します。
 一方で、安全性にまつわる事故はこれまでも多発し、最重要課題にもかかわらず部分的にはまだ課題として残っています。電池の事故やリコールはサプライチェーン上にかかわる全てのメーカーに責任が及ぶ恐れもあるため、電池メーカーのみでなく部材メーカーも意識しておく必要があります。電池の安全性評価法や国連規則に対応する試験各種とその事例等についても解説します。また、トヨタを中心に全固体電池の研究開発も全世界的に活発になっています。全固体電池の魅力と課題を踏まえ、どのような全固体電池が望まれているかについても言及します。

【受講対象】
自動車業界、電池業界、部材業界、試験評価事業での技術開発やマーケティング、企画・戦略に従事されている方。他には経営層等
【受講後、習得できること】
・世界的に進む電動化のシナリオと矛盾の事例
・各業界の事業競争力と新規参入に関するチャンスとリスク
・各業界が抱える課題と進むべき方向性
・日本の電池産業界が生き残るための条件る


【プログラム】

1.自動車の環境規制と電動化の歴史
 1.1 米国ZEV法規発効からの電動化の流れ
 1.2 各国の環境規制と電動化の加速
 1.3 中国の電池政策 ~NEV規制の影響と翻弄される自動車業界・電池業界~

2. 自動車各社の取り組み・戦略とLIB搭載事例
 2.1 トヨタ自動車
 2.2 ホンダ
 2.3 日産自動車
 2.4 欧州自動車各社の電動化計画

3. LIB部材業界のビジネス動向と今後
 3.1 各国の電池産業の現状と課題
 3.2 電池業界における競争力比較
 3.3 LIB部材の変遷・市場動向
 3.4 各部材ごとの課題

4. LIBの安全性評価と受託試験・認証事業
 4.1 車載用電池の事故・リコールの歴史
 4.2 国連規則と認証事業
 4.3 エスペックの受託ビジネス・認証ビジネス
 4.4 ECE R100 Part IIの試験項目と事例
 4.5 電動車の火災事故を招く要因分析

5. 次世代革新電池の研究開発状況と課題
 5.1 期待される次世代電池の種類
 5.2 全固体電池の現状と課題
 5.3 次世代電池開発に向けた基礎研究のあるべき姿・方針

6. 業界間ネットワークによる競争力強化策
 6.1 電池リサイクルビジネスの重要性
 6.2 日本の電池業界が陥れられた苦い特許戦略
 6.3 業界間サテライト戦略
 6.4 今後の進むべき日本の自動車業界、電池業界、部材業界への提言

【質疑応答】