Home
->  4月開催 電気系セミナー  5月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
マテリアルズインフォマティクスに向けた計算科学シミュレーションのポイント

4月開催 電気系セミナー  更新日:2021年3月 1日
 セミナー番号【105413】5/17 講師1名
★ 材料開発、設計で計算科学を有効に活用する技術を応用事例とともに徹底解説!

【Live配信セミナー】
マテリアルズインフォマティクスに向けた計算科学シミュレーションのポイント


■ 講師
東北大学 金属材料研究所計算材料学センター センター長・教授 博士(工学) 久保 百司 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年5月17日(月) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税込み・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込み)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講演概要】
 近年のマテリアルズインフォマティクスの発展は目覚しく、多くの企業で、マテリアルズインフォマティクスを今後、十分に活用できるかどうかが、将来の企業における材料開発の成否を分ける重要な鍵となるとの認識が広がりつつあります。一方で、マテリアルズインフォマティクスにおいては、計算科学シミュレーションが重要な役割を担っており、マテリアルズインフォマティクスと計算科学シミュレーションの連携が不可欠であることも、多くの企業において広く認識されています。そこで本講演では、マテリアルズインフォマティクスにおいて重要な役割を担う計算科学シミュレーションの基礎から応用までの講義を中心に行うとともに、計算科学シミュレーションを活用した様々な材料設計の成功例を紹介します。また、聴講者の方には、計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスをいかに実際の企業における材料開発に応用可能であるか、どうすれば計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスを有効に活用できるのかの基礎を理解して頂けるものと考えています。尚、各聴講者の質問についても、可能な範囲で回答する予定です。

【受講対象】
企業において、実験による試行錯誤的な研究開発ではなく、電子・原子レベルの計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスを活用することで、効率的かつ高速な材料設計を実現したいと考えておられる方。特に、マテリアルズインフォマティクスにおいて重要な役割を担う計算科学シミュレーションに興味があり、実際に企業においてどのように計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスを活用することができるのかの知識を得たいと思っておられる方。業種、業界は不問です。
【受講後、習得できること】
マテリアルズインフォマティクスにおいて重要な役割を担う計算科学シミュレーションを、企業における製品開発にどのように応?することができ、これまでにどのような成功例があるのかの知?を得ることができます。将来的に、計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスを、いかに企業における製品開発に役?たせることができるのかの道筋を理解することができます。さらに、計算科学シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスをどのように連携させていくべきかも理解することができます。


【プログラム】

1.マテリアルズインフォマティクスに向けた計算科学の企業における意義と活用方法
 1-1 企業における計算科学シミュレーションの意義と活用方法
 1-2 マテリアルズインフォマティクスと計算科学シミュレーションの連携
 1-3 マテリアルズインフォマティクスを活用した計算科学による高速スクリーニング
 1-4 計算科学シミュレーションによる特許戦略
 1-5 計算科学シミュレーションを活用した産学連携

2.計算科学シミュレーションの基礎
 2-1 ニューラルネットワークの基礎・特徴・応用可能分野・適用限界
 2-2 分子力学法の基礎・特徴・応用可能分野・適用限界
 2-3 分子動力学法の基礎・特徴・応用可能分野・適用限界
 2-4 モンテカルロ法の基礎・特徴・応用可能分野・適用限界
 2-5 量子化学の基礎・特徴・応用可能分野・適用限界
 2-6 量子分子動力学法の基礎・特徴・応用可能分野・適用限界

3.計算科学シミュレーションによる実践的材料設計
 3-1 トライボロジーへの応用
 3-2 化学機械研磨プロセスへの応用
 3-3 材料合成プロセスへの応用
 3-4 精密加工プロセスへの応用
 3-5 エレクトロニクス・半導体への応用
 3-6 リチウムイオン2次電池への応用
 3-7 燃料電池への応用
 3-8 太陽電池への応用
 3-9 鉄鋼材料の応力腐食割れへの応用
 3-10 摩耗・劣化現象への応用
 3-11 高分子材料への応用

4.計算科学シミュレーションの今後の発展
 4-1 マルチフィジックス計算科学
 4-2 マルチスケール計算科学
 4-3 スーパーコンピュータを活用した大規模シミュレーション


【質疑応答】