Home
->  3月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
自動車の電動化及び電動化関連の規制/製品動向

3月開催 電気系セミナー  更新日:2021年2月 2日
 セミナー番号【103414】3/19 講師1名
★ 自動車の電動化に伴い、内燃機関、車載電池、軽量化材料はどのように変化するのか?
★ 電動化規制、排ガス規制、温室効果ガス規制の動向からこれからの自動車の電動化方針を紐解く!

【Live配信セミナー】
自動車の電動化及び電動化関連の規制/製品動向


■ 講師
K&Kテクノリサーチ 代表 加藤 克司 氏

■ 開催要領
日 時 :
2021年3月19日(金) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税込み・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込み)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【講演概要】
最近、「CASE」や「MaaS」というキーワードを、よく見聞きするようになってきていますが、このセミナーでは、そのCASE(コネクティッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)のキー技術である電動化技術の最新動向に関し、下記の項目について丁寧にわかりやすく解説します。
①地球温暖化や大気汚染対策に不可欠な、グローバルな環境規制の動向や各国の電動化に向けての規制動向 
②地球温暖化対策を考慮した、パワートレインの電動化(EV化)を中心にした今後のロードマップ、電動化システムとWell to Wheel やLCA CO2との関係 
③電動車の中のHEVやPHEVで使われる内燃機関の熱効率向上技術や軽量化素材の主な特徴と今後の動向 
④48VMHEV~PHEV、EV、燃料電池車等の電動化技術の特徴や動向
電動化に伴う既存製品への影響や新たな注目製品やEVの普及のキー技術である次世代電池の今後の最新動向について、 特に一日で最新動向をきめ細かく十分にキーポイントを把握してもらえるように解説します。
 

受講対象:自動車のパワートレイン関係のシステムや製品開発・設計担当者・製造関係者を始め、自動車関係会社の経営者や、営業関係や企画関係の方々にも是非お聞き頂きたい。

受講後、習得できること:電動化に関する幅広い関連の最新情報を一日で習得できます。自動車パワートレインに関係するシステムや製品に関わる技術者や製造関係者だけでなく経営者、営業、製品企画担当者も含め、今後の自社のビジネス展開をどう進めていくかのヒントが得られるものと思います。


【プログラム】

1.各国の環境規制(排ガス、温室効果ガス(CO2)、ZEV)、各国の電動化規制の最新動向
 1-1 自動車を取り巻く環境変化と課題
 1-2 欧米、日本、中国、インド等の主要国の排ガス規制動向
 1-3 国連主導の新たな試験法(WLTP)
 1-4 最近の排ガス不正問題関連の排ガス規制(RDE)の動向と課題
 1-5 ZEV(セロエミッションビークル)、NEV(ニューエネルギービークル)規制
 1-6 世界の主要国における今後の温室効果ガス(CO2) 規制、電動化方針の動向

2.パワートレインの低燃費(熱効率向上)技術及び軽量化素材の最新技術動向と特徴
 2-1 過給ダウンサイジング(D/S)~最新の電動チャージャー
 2-2 高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)/可変動弁系システム/アイドルストップ
 2-3 可変圧縮比エンジン
 2-4 HCCI(SPCCI)
 2-5 今後のエンジン熱効率向上技術のロードマップ
 2-6 今後の熱効率向上技術(副燃焼室、水噴射、e-Fuel)
 2-7 今後注目される軽量化素材

3.今後のパワートレイン電動化のロードマップ、 WELL to WHEEL、LCAの CO2との関係
 3-1 次世代パワートレイン電動化のロードマップ
 3-2 パワートレインシステムとWell to Wheel CO2、LCA CO2との関係
 3-3 地球温暖化対策及び再生可能エネルギーの今後の動向

4.各電動車(HEV.PHEV.BEV,FCV)の動向と特徴、課題、主要カーメーカの電動化戦略
 4-1 電動車(48VMHEV,フルHEV、プラグインHEV、電池式電気自動車、レンジエクステンダーEV、燃料電池車(FCV)等)の動向と特徴
 4-2 世界の主要カーメーカの今後の電動化戦略

5.電動化(EV化)に関係する既存製品・新規製品の動向
 5-1 電動化(EV化)により削減される自動車部品
 5-2 電動化(EV化)により今後注目される新製品・システム(e-アクセル、インホイールモータ、パワー半導体、暖房システム他)

6.次世代電動車用二次電池の現状及び今後のロードマップ
 6-1 現状の車載用リチウムイオン電池の課題
 6-2 次世代電動車用車載用電池の開発状況及び今後の動向

7.全体質疑

【質疑応答】