Home
->  3月開催 電気系セミナー  4月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
電磁ノイズのシールド技術とその低減手法

3月開催 電気系セミナー  更新日:2021年2月 2日
 セミナー番号【104401】4/7 講師1名
★シールドの種類、構成、使い分け方と実際のEMC対策まで
シールドの基本と勘所を押さえて、効果を上げるシールド技術を学ぶ

【Live配信セミナー】
電磁ノイズのシールド技術とその低減手法


■ 講師
SSノイズラボラトリ 代表 博士(工学) 斉藤 成一 氏

三菱電機にて研究・開発に従事(37年間)
・化学,鉄鋼プラントなどの制御用コンピュータシステム、通信サーバなどの開発・設計
・高速信号伝送やEMC(電磁ノイズ)など基盤技術の研究・開発
技術コンサルタント・SSノイズラボラトリ(2016年開業)

■ 開催要領
日 時 : 2021年4月7日(水) 10:30~16:30
会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 : 1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【本講座で学べること】
・空間ノイズ伝搬とシールドの関係などの基礎知識
・シールドの種類と原理、および使い分け
 静電シールド、磁気シールド、電磁シールド(2種)
・シールドによる効果的・効率的なEMC対策

【講座概要】
電磁ノイズの伝わる経路には導体と空間があり、空間を伝わるノイズを低減させる方法がシールドです。シールドの実践的なポイントがわからずにシールド効果が思い通り得られず、耐ノイズ不足やEMI規格不適合のケースがしばしば見られます。
シールドの基本を把握いただくとともに実際の装置の設計に効果的に展開できるように、基礎とポイントをわかりやすく解説し、事例を適宜交えることで理解度を高めて応用力を強化します。

1.空間を伝わるノイズとシールド
 1.1 空間を伝わるノイズ
 1.2 波動インピーダンス
 1.3 シールドの種類

2.静電シールド
 2.1 静電シールドの原理
 2.2 静電シールドのグラウンド接続
 2.3 静電シールドの事例

3.磁気シールド
 3.1 磁気シールドの原理
 3.2 磁気シールドのシールド効果算出
 3.3 磁気シールドと磁性シートの違い
 3.4 磁気シールドの事例

4.電磁誘導による電磁シールド
 4.1 電磁誘導による電磁シールドの原理
 4.2 電磁誘導による電磁シールドの実験
 4.3 電磁誘導による電磁シールドの事例

5.電磁波に対する電磁シールド
 5.1 電磁波に対する電磁シールドの原理
 5.2 電磁波に対する電磁シールドのすきまの影響
 5.3 電磁波に対する電磁シールドの事例

6.プラスチックによるシールド
 6.1 プラスチックのシールド処理と課題
 6.2 プラスチックのシールドの事例

7.ケーブルのシールド
 7.1 ケーブルへのノイズ重畳
 7.2 ケーブルのシールドとシールド効果
 7.3 ケーブルのシールド関連事例

8.電波吸収体
 8.1 電波吸収体とは
 8.2 磁気損失による電波吸収体
 8.3 反射位相差による電波吸収体
 8.4 誘電損失による電波吸収体


【質疑応答】