Home
->  3月開催 電気系セミナー  4月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
振動の発生メカニズムと低減、対策事例

3月開催 電気系セミナー  更新日:2021年2月 2日
 セミナー番号【104403】4/15 講師1名
★振動はどのように発生するのか、現象をどのように捉えるべきなのか?
振動の「本質」を理解し、適切な対策へつながる考え方、方法論を学ぶ

【Live配信セミナー】
振動の発生メカニズムと低減、対策事例


■ 講師
東京電機大学 工学部 先端機械工学科 教授 工学博士 佐藤 太一 氏

(株)日立製作所機械研究所にて、「各種機器(磁気ディスク・プリンタ・エレベータ・エアコンなど)の低振動・低騒音化技術の研究」に従事。
東京電機大学では、「構造物の動的設計法」、「新しい防振要素・技術」、「人間-機械系のダイナミックスに関する研究」、「医療・福祉のための音の利用に関する研究」に係わる各研究に従事。

■ 開催要領
日 時 : 2021年4月15日(木) 10:30~16:30
会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 : 1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【本講座で学べること】
本講座の学びによって受講者は,
・振動現象の「本質」を捉えることができる.
・機器の加振力特性を推定し,振動発生メカニズムのストーリーを作ることができる.
・振動低減のための方策を考え,それを具体化するための方法が提案できる.
・動的構造設計を実践することができる.


【講座概要】
構造物の動的な設計や振動対策を適切に行うには,振動の「本質」を十分に理解しておく必要があります.振動挙動をどのように捉え,そして,そこで起こっている動的現象の「本質」は何かを考えられるようになることが重要です.
本講座では,振動の基本となる一自由度振動系の自由振動,固有振動数,強制振動の説明から始めます.続いて,振動現象を大きく支配する外力(加振力)について説明します.計測された変位や加速度から外力を推定することが,振動の発生メカニズムを理解する上で必要です.実際の機器を例に挙げながら,外力と振動応答との関係を説明します.また,振動系を構成する質量,ばね,減衰が振動応答にどのように影響するかを理解しておくことも,振動対策の具体化に必要です.
共振問題については,エネルギー的な観点から解説します.これにより,共振現象の物理的(本質的)な理解につなげてもらいます.さらに,構造物の低振動化のために必要な「高減衰設計」の基本的な考え方,「高剛性設計」の基本となる「力の流れ」について解説します.最後に,振動対策事例について2~3例紹介します.

1.はじめに

2.振動の基礎「一自由度振動系」を理解する
 2.1 自由振動 と固有振動数
 2.2 強制振動時の振動波形と共振曲線
 2.3 力/変位による強制振動と評価量

3.振動を支配する「外力」を理解する
 3.1 応答から外力を「推定」して振動発生メカニズムのストーリーを作る
 3.2 外力の種類(正弦波,ひずみ波,不規則波)と応答
 3.3 各種機械要素・装置(軸受け,歯車,空調機など)における外力

4.「ばね支配・減衰器支配・質量支配」を理解する
 4.1 振動低減のために「何を変更・改善」すべきか

5.「共振」の本質を理解する
 5.1 エネルギー的な観点から見直してみる
 5.2 外力がなす仕事とダンパによって消散されるエネルギー
 5.3 共振は外力がもっとも効率良く仕事をなした結果起こる現象

6.「高減衰設計」を理解する
 6.1 振動エネルギーをダンパに「流す」
 6.2 固有振動モードから有効な制振方法を考える
 6.3 板の曲げ振動を抑える制振材貼り付けの考え方

7.「高剛性設計」を理解する
 7.1 構造設計の基本となる「力の流れ」とは何か
 7.2 「力の流れ」を読む・適用する
 7.3 リブ構造の例

8.対策事例


【質疑応答】