Home
->  2月開催 医薬系セミナー 

【Live配信セミナー】
デジタルセラピューティクスの市場・将来性予測と事業化

2月開催 医薬系セミナー  更新日:2021年1月 5日
 セミナー番号【102104】2/25 講師3名
★ グローバルデータから市場魅力度、市場ポテンシャル、市場構造を解説!
★ 新たな事業機会の創出は? トレンド変遷は?★ 製薬企業担当者が語るの取り組み、その価値、課題とは?

【Live配信セミナー】
デジタルセラピューティクスの市場・将来性予測と事業化


■ 講師
【第1部】  (株)ローランド・ベルガー シニアコンサルタント(医師) 八木慎太郎 氏
【第2部】 塩野義製薬(株) 経営戦略本部デジタルインテリジェンス部 グループ長 里見佳典 氏
【第3部】 シンクハード・コンサルティング (日米欧医療機器規制エキスパート) 鴛田 栄二  氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年2月25日(木) 10:00~15:45

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
聴講料 1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:00~12:00】
【第1部】 グローバルトレンド/データから読み解く新たな事業機会の見極め

(株)ローランド・ベルガー シニアコンサルタント(医師) 八木 慎太郎 氏
 
【講座主旨】
 2010年に米国で初めて承認されたデジタルセラピュ―ティクスは、この10年間で約2,000億円の市場へと急成長を遂げてきた。日本国内では、未だデータの少ないデジタルセラピュ―ティクス市場について、グローバルにおける調査結果を元に、そこから考え得る新たな事業機会を紹介する。

【講演内容】

1.デジタルセラピュ―ティクスのトレンド変遷
 ・疾患タイプの変化
 ・治療タイプ(ペイシェントジャーニー)の変化

2.グローバルデータ
 ・市場構造
 ・市場ポテンシャル
 ・市場魅力度

3.新たな事業機会の創出
 ・疾患タイプによるマネタイズの違い
 ・創薬バリューチェーンの進化

 

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:45~14:00】
【第2部】 デジタルセラピューティクスの取り組み事例と開発の現状とその価値・課題

塩野義製薬(株) 経営戦略本部デジタルインテリジェンス部 グループ長 里見佳典 氏
 
【講座主旨】
 デジタル技術は、日常生活だけでなく医療における課題解決に貢献することが期待されている。人工知能による正確かつ迅速な診断、オンラン診療が注目を浴びているが、デジタルセラピューティクス(DTx)も、新たな治療オプションとして期待が集まっている製品群である。グローバルにみると、複数の疾患領域でその治療効果が実証され、実際の医療現場で使用され始めている。本講演では、世界におけるDTx開発の現状とその価値・課題について紹介する。


【講演内容】
1.デジタルセラピューティクスとは
 ① 世界のDTx
 ② DTxの価値

2.塩野義の取り組み
 ① 塩野義の目指す姿
 ② 塩野義が開発中のDTx

3.DTxの課題

4.世界のデジタルヘルス取り組み事例
 ① アメリカ
 ② ドイツ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:15~15:45】
【第3部】 デジタルセラピューティクス(DTx)の規制、審査の動向(仮)

シンクハード・コンサルティング (日米欧医療機器規制エキスパート) 鴛田 栄二 氏

 
【講座主旨】
 準備中

【講演内容】
  準備中

【質疑応答】