Home
->  2月開催 化学系セミナー  3月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
プラスチック・樹脂の耐薬品性および耐アルコール性,ケミカルストレスクラックの機構と対策

2月開催 化学系セミナー  更新日:2021年1月 5日
 セミナー番号【103202】3/11 講師4名
★ 自動車内装における「日焼け止めクリーム」などの「耐ニュートロジーナ性」は国際規格化へ
★ ガソリンやオイルとその添加物による劣化対策 , 樹脂の構造制御,耐久性向上のポイント
★ アルコール除菌で樹脂は劣化するのか?

【Live配信セミナー】
プラスチック・樹脂の耐薬品性および耐アルコール性,ケミカルストレスクラックの機構と対策


■ 講 師

【第1部】

本間技術士事務所 所長 技術士(化学部門)  本間 精一 氏

【第2部】

ポリプラスチックス(株) 研究開発本部 テクニカルソリューションセンター 主任研究員 廣田 晋一 氏

【第3部】

大成ファインケミカル(株) 樹脂事業部 技術グループ 課長  朝田 泰広 氏

【第4部】

(株)UL Japan 材料技術部 部長 博士(工学) 有森 奏 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年3月11日(木) 10:15~16:45

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき66 ,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき60,500円〕

■ Live配信セミナーの受講について


・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上,お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら,視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に,視聴サイトにログインしていただき,ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は,Google Chrome,Firefox,Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット,スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には,開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり,録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため,パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:15~12:30 ※途中休憩挟みます】

第1部 ケミカルストレスクラック(ケミカルクラック)の発生機構,評価法とその対策

●講師 本間技術士事務所 所長 技術士(化学部門)  本間 精一 氏

 
【講座の趣旨】

ケミカルクラックは,応力と化学物質の共同作用によって発生するクラックのことである。金属材料で見られる応力腐食割れと現象的には類似しているが,プラスチックの発生機構は異なり,ポリマーの分子構造,薬品の種類,負荷応力の種類,成形要因,使用条件などが複雑に関係して発生する。
  本講では,まず,プラスチックの耐薬品性の概要について説明した上で,ケミカルクラックを取り上げ,発生機構と評価法,影響する諸要因,防止対策などについて解説する。


【セミナープログラム】

1.ポリマー構造と耐薬品性の概要
 1.1 ポリマー構造(分子の配列状態,SP値,結晶構造と非晶構造)
 1.2 薬品劣化の挙動(分解,膨潤・溶解,吸着,ケミカルクラック)

2.ケミカルクラック
 2.1 ケミカルクラックとストレスクラックの違い
 2.2 ケミカルクラックの発生機構
 2.3 ケミカルクラックの評価法(ベントストリップ,4分のⅠ楕円,曲げ試験)
 2.4 ケミカルクラックの評価事例(PC,変性PPE)

3.残留ひずみとケミカルクラック
 3.1 残留ひずみの発生機構
 3.2 残留ひずみと残留応力
 3.2 残留ひずみの低減対策
 3.3 残留ひずみとケミカルクラック
 3.4 アニール処理

4.ケミカルクラックのトラブル事例と対策
 4.1 成形時のケミカルクラック
 4.2 塗装時のケミカルクラック
 4.3 ねじ加工におけるケミカルクラック
 4.4 包装袋によるケミカルクラック

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:15~14:15】

第2部 耐ストレスクラッキング性を考慮した材料選定と成形品評価技術

●講師  ポリプラスチックス(株) 研究開発本部 テクニカルソリューションセンター 主任研究員 廣田 晋一 氏

 
【セミナープログラム】

1.耐ストレスクラッキング性を考慮した材料選定
 1.1 ケミカルストレスクラックとは
 1.2 樹脂の耐薬品性比較
 1.3 材料選定事例(PBT,PPS)

2.耐ストレスクラッキング性評価の留意点
 2.1 材料の応力緩和挙動について
 2.2 POMの耐酸性における応力緩和と寿命の相関

3.成形品の残留応力評価方法
 3.1 従来評価法
  3.2 新規評価法(当社研究事例のご紹介)

4.金属インサート成形品の残留応力低減方法

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:30~15:30】

第3部 フィルム用UV硬化樹脂の開発,高機能化・耐久性向上 -耐薬品性,耐日焼け止めクリーム性を含めて-

●講師 大成ファインケミカル(株) 樹脂事業部 技術グループ 課長  朝田 泰広 氏

 
【講座の趣旨】

  UV硬化型アクリル樹脂は硬化収縮が低く薄膜基材において低カールが実現できる材料として用途展開が期待されている。ウレタンアクリレートは,水素結合による凝集力及び速硬化性に優れ電子部品等の用途で使用され,原料の選択の幅が広く用途に応じて様々な諸物性を付与させることができる。本講演では,UV硬化型アクリル樹脂及びウレタンアクリレートの設計方法や特長及びその物性について紹介する。 

また有機溶剤やオイルなどからの「耐薬品性」や,昨今話題になっている自動車内装材で問題となっている「日焼け止めクリーム」による樹脂やフィルム部材への不具合などを含めた「耐ニュートロジーナ性」についても言及する。


【セミナープログラム】

1.UV硬化概論

2.UV硬化型アクリル樹脂の合成
 2.1 ラジカル重合の合成例
 2.2 UV硬化型アクリル樹脂の設計
 2.3 UV硬化型アクリルウレタン樹脂の設計
 2.4 ウレタンアクリレートの設計

3.UV硬化型アクリル樹脂の性能,評価
 3.1 硬度,タックフリー性,伸度 
 3.2 低カール化,耐SW性の両立
 3.3 伸びるハードコートの設計処方

4.ウレタンアクリレートの機能化
 4.1 低カール化と耐SW性の両立
 4.2 希釈性モノマーの選択と硬化性
 4.3 UV硬化PUDの設計
 4.4 シリカハイブリット材料との複合系の特徴

5.機能性UV硬化樹脂の設計と性能
 5.1 帯電防止
 5.2 親水性

6.伸びと耐薬品性,耐ニュートロジーナ性の両立
 6.1 ケミカルススレスを与える成分やニュートロジーナの成分について
 6.2 伸びと耐薬品性の両立について
 6.3 伸び率と耐ニュートロジーナ性の両立について
 6.4 事例紹介

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:45~16:45】

第4部 ~耐薬品性試験を含めた~ 自動車用途におけるプラスチックス材料の評価試験

●講師 (株)UL Japan 材料技術部 部長 博士(工学) 有森 奏 氏

 
【セミナープログラム】

1.イントロダクション
 1.1.UL/UL Japan
 1.2 自動車関連規格について

2.環境試験
 2.1 耐薬品性試験
 2.2 環境試験
 2.3 耐熱性試験

3.物性試験
 3.1 機械物性試験
 3.2 高速引張試験

4.耐燃焼性試験
 4.1 UL 94燃焼性試験
 4.2 FMVSS 302
 4.3 グローワイヤ試験

【質疑応答】