Home
->  1月開催 医薬系セミナー  2月開催 医薬系セミナー 

【Live配信セミナー】
癒着防止材の使用法の工夫と材料設計、評価

1月開催 医薬系セミナー  更新日:2020年12月 2日
 セミナー番号【102101】2/3 講師4名
★ ロボット支援下手術に適した癒着防止材とは?  既存製品を工夫した使用法!
★ ゾルゲル転移ポリマーの癒着防止材としての可能性は?

【Live配信セミナー】
癒着防止材の使用法の工夫と材料設計、評価


■ 講師
【第1部】  JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器外科 医長 水谷栄基 氏
【第2部】 川崎医科大学 婦人科腫瘍学教室 准教授 太田啓明 氏
【第3部】 関西大学 化学生命工学部 教授 大矢裕一 氏
【第3部】 市立奈良病院 外科部長 中瀬 有遠 氏
■ 開催要領
日 時 :
2021年2月3日(水) 10:00~17:15

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕


■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:00~11:30】
【第1部】 胸部手術後の胸膜癒着:酸化再生セルロースの癒着防止効果

JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器外科 医長 水谷 栄基 氏

専門分野:肺癌・気胸に対する胸腔鏡手術

 
【講座主旨】
 腹部手術後の癒着防止剤は保険適応となっているが、胸部手術ではその開発はあまり進んでいない。腹部では術後腸閉塞が癒着の指標の一部となるが、胸部ではそれに相当する病態がないことも開発が進まない原因のひとつであろう。近年は胸部手術を2回以上行う機会も増えてきており、術後癒着の評価がその際に可能である。胸膜補強シート貼付後の癒着についても症例を提示して、現状を紹介する。 

【講演内容】

1.呼吸器外科手術について
  (1)対象疾患:どのような疾患に対して手術を施行しているか簡単に述べると共に、2回目以降の手術になる状況を解説する。
  (2)手術内容:手術術式によって、術後癒着の範囲・程度は相当に異なる。

2.胸腔内の癒着について
  (1)手術以外の胸膜癒着:初回手術時でも胸膜癒着を認める場合は少なくない。
  (2)手術後の胸膜癒着:2回目以降の手術の難易度があがる。
  (3)胸膜癒着療法:胸膜癒着を意図的に起こさせる治療法もある。

3.胸膜補強シートやフィブリン糊使用後の癒着
  (1)酸化再生セルロースシート
  (2)ポリグリコール酸シート
  (3)フィブリン糊

 

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------


【12:15~13:45】
【第2部】 婦人科ロボット手術における癒着防止シート貼付の工夫

川崎医科大学 婦人科腫瘍学教室 准教授 太田啓明 氏
 
【講演内容】

1.ロボット支援腹腔鏡下子宮全摘術(RASH)の実際
 1.1 ポート配置とドッキング
 1.2 コンソール操作
2.RASHにおける癒着防止シートの貼付
 2.1 シートの分割
 2.2 シートの巻き付け
 2.3 破砕しない挿入のコツ
 2.4 シートの貼付

【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------


【14:00~15:30】
【第3部】 体温でゲル化する吸収性ポリマーの癒着防止材への応用

関西大学 化学生命工学部 教授 大矢裕一 氏

専門分野:人工腎臓、臨床工学、材料工学(臨床)

 
【講座主旨】
 温度応答型生分解性ゾルゲル転移ポリマーの開発について解説する。その溶液が温度に応答してゾル(溶液)からゲルへと転移する生体吸収性高分子は,注射可能=インジェクタブルポリマーとして医療応用が期待されている。本講ではその開発と,その腹腔鏡・内視鏡下で使用可能な癒着防止材などへの応用の可能性について解説する。

【講演内容】
1. はじめに -これからの医療-
2. 生分解性スマートバイオマテリアルについて
3. KU-SMARTプロジェクトの紹介
4.温度応答型生分解性インジェクタブルポリマー(IP)の開発
 4-1. 力学的強度の改善
 4-2. 水溶性低分子薬物の徐放
 4-3. 溶解性の改善(用時調製への対応)
 4-4. ゲル状態維持期間と分解速度調節
5. 不可逆的ゲル化を示す温度応答型生分解性IPの応用
 5-1. 薬物徐放
 5-2. 細胞デリバリー
 5-3. 癒着防止材
6. 今後の展望と課題


【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------


【15:45~17:15】
【第4部】 腹腔鏡手術で外科材料を ピンポイントに挿入するデバイスの開発

市立奈良病院 外科部長 中瀬 有遠 氏
 
【講座主旨】
 腹腔鏡手術ではポートと呼ばれる筒を通して外科材料(ガーゼ、癒着防止材、止血材、メッシュなど)を目的の部位にピンポイントに挿入する必要があり、それに適した材料の形状やデバイスの開発が求められている。本講座では腹腔鏡手術で外科材料を挿入するときの問題点を整理するとともに、演者が行っている外科材料の形状工夫やデバイス開発の経緯とその特性について紹介する。

【講演内容】
1."そのままでは入らない"
    腹腔鏡手術で外科材料を挿入するときの問題点
    5mmポートを多用する手術の増加

2."捩じって入れる" -5mmポートから挿入する技術の開発-
    トルネード法(ガーゼ、サージセル)
    トルネード法から商品化:トロックスⅡD カートリッジ

3."折って入れる" -トルネード法からの発展-
    癒着防止材(セプラフィルム)、止血材(インテグラン)
    折って入れることの利点

4."先まで運ぶ"-デバイスの開発―
    シリンジ状デバイスの開発:Sumrai-D
    Sumrai-Dをつかった外科材料挿入の実際

5."腹腔内で広げる" ―自己拡張型形状の開発―
    Origami工学・ミウラ折りから発想:Chevron Pleats法
    Chevron Pleats法をつかった外科材料挿入と展開の実際

6."簡単に入れる"
    材料を挟むだけで挿入可能となる鉗子の開発と使用法
    新デバイスの課題

【質疑応答】