Home
->  10月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
セルロースの合成、構造制御と機能、応用

9月開催 化学系セミナー  更新日:2020年7月31日
 セミナー番号【010208】10/16 講師2名
★ セルロース誘導体の構造と物性の関係! CNFの"水系添加剤としての"の使い方と応用事例!!

【Live配信セミナー】
セルロースの合成、構造制御と機能、応用


■ 講師
1.京都大学 大学院農学研究科 教授 博士(農学) 上高原 浩 氏

2.第一工業製薬(株) レオクリスタ事業部 開発グループ 専門課長 後居 洋介 氏

■ 開催要領
日 時 :
2020年10月16日(金) 10:30~16:30

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき 55,000円(消費税抜、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕

■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

【10:30-14:15】 (途中 昼食休憩を含みます)

1.新規な物性開発を志向したセルロース誘導体の新たな合成概念

京都大学 大学院農学研究科 教授 博士(農学) 上高原 浩 氏 【専門】複合材料化学

 
【習得できる知識】
・化学構造の明確なセルロース誘導体の合成法、低分子セルロース誘導体の合成法
・木材の反応、木材の化学、セルロースのヒドロキシ基の反応性


1.木材化学
 1.1 セルロース
 1.2 ヘミセルロース
 1.3 リグニン
 1.4 抽出成分

2. 高分子化学におけるセルロースの位置付け
 2.1 セルロース誘導体(半合成高分子)
 2.2 合成高分子との対比

3.セルロース誘導体の化学構造の特徴

4.セルロース誘導体  -反応の鍵は何か?-
 4.1 セルロースエステル
 4.2 セルロースエーテル
 4.3 セルロース誘導体の用途

5.セルロース誘導体の新たな合成概念 ?新規な物性を開発できるか??
 5.1 位置選択的置換セルロース誘導体の合成
 5.2 ブロック的置換セロオリゴ糖の合成
 5.3 位置選択的かつブロック的置換セルロース誘導体の合成

6.バイオマスリファイナリー
 6.1 高分子化学と石油化学を振り返る
 6.2 木材を原料としたセルロース誘導体の直接合成と成分分離

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:30-16:30】

2.セルロースナノファイバーの増粘、分散、乳化、バインダー効果とその応用

第一工業製薬(株) レオクリスタ事業部 開発グループ 専門課長 後居 洋介 氏

 
【講演主旨】
 本講座では、セルロースナノファイバー(CNF)の水系機能性添加剤としての機能やその特徴、実用化事例を紹介する。 特に、CNFが油や微粒子に吸着するといった特徴をいかしたピッカリングエマルションの形成や微粒子の分散性向上などについて、そのメカニズムも含めて解説する。微粒子分散の応用例としては、化粧品、塗料、Li ? ion電池用バインダーとしての研究事例を紹介する。また、CNFの安全性評価、ナノセルロースの国際標準化、ナノセルロースに関する新組織設立など、国内外におけるCNFの周辺状況についても解説する。


1.セルロースナノファイバー(CNF)について
 1.1 CNFの構造と種類
 1.2 CNFの特徴
 1.3 CNFに期待されていること

2.第一工業製薬のCNF「レオクリスタ」について
 2.1 レオクリスタの特徴とコンセプト
 2.2 CNFによるレオロジーコントロール
  (1)CNFのレオロジー特性
  (2)レオクリスタの実用化事例の紹介
 2.3 CNFによる乳化
  (1)ピッカリングエマルションの形成とメカニズム
  (2)乳化安定化
 2.4 CNFによる分散
  (1)微粒子の分散とメカニズム
  (2)分散安定化
  (3)化粧品、塗料用途への応用例
  (4)Li-ion二次電池正極バインダーとしての応用
3.CNFを取り巻く周辺状況

 3.1 CNFの安全性評価
 3.2 ナノセルロースの国際標準化
 3.3 ナノセルロースに関する新組織「ナノセルロースジャパン」

4.さいごに
 4.1 会社紹介
 4.2 本日のまとめ

【質疑応答】