Home
->  10月開催 電気系セミナー  9月開催 電気系セミナー 

【Live配信セミナー】
IoTセンサに向けた環境発電デバイスの開発と展望

9月開催 電気系セミナー  更新日:2020年7月31日
 セミナー番号【010408】10/19 講師3名
★ エナジーハーベストの展望とMEMSによる振動発電、フィルム型太陽電池の開発動向

【Live配信セミナー】
IoTセンサに向けた環境発電デバイスの開発と展望


■ 講師
1. (株)NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット シニアマネージャー 竹内 敬治 氏
2. (株)鷺宮製作所 R&Dセンター 第一開発部 開発一課 課長 三屋 裕幸 氏
3. 京都大学 化学研究所 教授 博士(工学) 若宮 淳志 氏
■ 開催要領
日 時 : 2020年10月19日(月) 10:15~16:50
会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 : 1名につき55,000円(消費税抜き・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕

■ Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム

<10:15~12:15>

1.最近のエネルギーハーベスト技術動向

(株)NTTデータ経営研究所 竹内 敬治 氏
 
【講演概要】
 エネルギーハーベスティングの実用化は、10年前に予想されたほどは進んでいないが、近年、様々な実用化事例が登場し、事業の成功要因、失敗要因も分かってきた。一方で、5年ほど前から、エネルギーハーベスティング分野への政府の研究開発支援が強化され、その中かから有望な技術シーズも生まれている。
 本講義では、最近のエネルギーハーベスティング技術動向を俯瞰し、今後を展望する。

1.エネルギーハーベスティングとは
2.有望な国内の研究シーズ
 2.1 JST CREST/さきがけ複合領域「微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」
 2.2 JST A-STEP戦略テーマ重点タイプ「IoT、ウェアラブルデバイスのための環境発電の実現化技術の創成」
 2.3 文部科学省地域イノベーション・エコシステム形成プログラム「楽して安全、振動発電を用いた電池フリー無線センサの事業化とその応用展開」
 2.4 その他(NEDO事業など)
3.エネルギーハーベスト技術の最新国内外実用化動向
 3.1 光発電
 3.2 振動発電
 3.3 熱電発電
 3.4 電波発電
 3.5 関連技術
4.エネルギーハーベスティングコンソーシアムの活動


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

<13:00~14:40>

2.環境振動でIoTセンサを駆動するMEMSエナジーハーベスタの開発と今後の展望

(株)鷺宮製作所 三屋 裕幸 氏
 
【講演概要】
 世の中のあらゆる「モノ」の状態を小型センサで把握し、その全てをインターネットにつなぐIoT(Internet-of-Things)技術は、 ビッグデータとの相乗効果によって我々の暮らしをより豊かにするであろうと期待されています。
 小型センサはMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)技術の進化に伴って、これまで多くの製品が世の中に登場しています。
 ところが、IoT社会はほとんど実現できていないのが現状です。
 我々は、IoT社会の本格的な実現を目指して、高効率MEMSエネルギー変換技術によって、身の回りの微小な環境振動を電力に変換するメンテナンスフリーの小型自立電源の研究開発を行っています。
 本講演では、現時点で世界最高レベルのエネルギー回収効率92%を実現した手法を明らかにするとともに、実用化に向けた取り組みについてご紹介いたします。

1.研究背景
 1.1 社会インフラの現状
 1.2 工場、プラントの現状
2.MEMS高効率発電
 2.1 MEMSとは
 2.2 MEMSエレクトレット
 2.3 発電理論による設計指針
 2.4 MEMS振動エネジーハーベスタ
3.回路技術
 3.1 エネルギーマネジメント回路
 3.2 低消費無線技術
4.IoTセンサ
 4.1 センサネットワークの現状
 4.2 振動発電応用
5.まとめと今後の展望


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

<14:50~16:50>

3.フィルム型ペロブスカイト太陽電池の開発とセンサ電源としての可能性

京都大学 若宮 淳志 氏
 
【講演概要】
 ペロブスカイト太陽電池が塗布で作製可能な太陽電池として注目を集めています。本講演では、材料化学の観点から、本太陽電池の高性能化に取り組んでいる我々の研究開発について紹介します。
 さらに、フィルム型太陽電池として、IOTセンサーをはじめ、様々な電源としての実用化の展望と課題についてお話しします。

1.ペロブスカイト太陽電池の研究背景
2.高純度化材料の開発
3.電荷回収材料の開発
4.セル・モジュールの開発
5.ペロブスカイト太陽電池の実用化の展望


【質疑応答】