Home
->  8月開催 化学系セミナー 

【Live配信セミナー】
高分子材料の劣化・変色メカニズムと添加剤の最適選定

8月開催 化学系セミナー  更新日:2020年7月 1日
 セミナー番号【008225】8/28 講師2名
★ 相乗効果を利用したHALS、UVAの配合、製品の長寿命化へ向けた最適添加量とは?

【Live配信セミナー】
高分子材料の劣化・変色メカニズムと添加剤の最適選定


■ 講 師


1.(一財)化学物質評価研究機構 高分子技術部 技術第二課 課長 菊地 貴子 氏

2. (株)ADEKA 樹脂添加剤開発本部 樹脂添加剤開発研究所 添加剤開発室 主任 清水 辰也 氏

■ 開催要領
日 時 :
2020年8月28日(金) 10:30~16:45

会 場 : ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


■ Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
  複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム


【10:30-14:30】(途中、お昼休憩含む)

1.高分子劣化変色のメカニズム

●講師 (一財)化学物質評価研究機構 高分子技術部 技術第二課 課長 菊地 貴子 氏

 
【習得できる知識】
高分子材料の基本的な劣化のメカニズムの解説を行う。また、変色問題の原因を調査するための考え方の基礎及び分析手法を習得する。

【講座の趣旨】
分子材料は、様々な分野で必要不可欠な材料であるが、使用環境下で様々なトラブルを生じることがある。例えば、ブルームや変色等を生じた製品は、品質が維持されたとしても商品価値が著しく低下する。これらの対策を講じるためには、その原因を調査する必要がある。本講座では、変色問題の考え方の基礎について事例を挙げながら紹介する。

1.高分子材料の劣化メカニズム
 1-1 劣化の種類
 1-2 高分子材料の劣化過程と添加剤による対策

2.変色問題
 2-1 なぜ変色が起こるのか?
 2-2 変色事象の種類
 2-3 添加剤による変色
 2-4 原因調査の手法

3.劣化変色の事例紹介
(複数の事例紹介を行う)

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:45-16:45】

2.高分子添加剤の最適選定とトラブル対策

●講師 (株)ADEKA 樹脂添加剤開発本部 樹脂添加剤開発研究所 添加剤開発室 主任 清水 辰也 氏

 
【習得できる知識】
・ポリマーの自動酸化反応のメカニズム及び適切な安定化処方
・ポリマーの高機能化技術

【講座の趣旨】
自動車のバンパーや内装材、テレビ、食品用容器・包装材料、生活資材・工業用資材等多くのプラスチック材料には多種類のプラスチック用添加剤が少量ずつ配合されている。中でも、酸化防止剤/光安定剤は熱や光による酸化劣化抑制に効果的であり、長寿命化や高機能化に大きく貢献している。一方で、酸化防止剤/光安定剤の種類・添加量を誤るとブリードアウトによる外観不良や変色を引き起こす可能性がある。本講演では、ポリオレフィンを中心としたプラスチックの劣化機構について説明するとともに、酸化防止剤/光安定剤を紹介しながらその適切な選択・使用方法について解説する。

1.高分子材料の酸化劣化と安定化
 1-1 プラスチック用添加剤とは?
 1-2 プラスチック用添加剤の種類

2.酸化防止剤の種類と有効な使用方法
 2-1 フェノール系酸化防止剤
 2-2 ホスファイト系酸化防止剤
 2-3 チオエーテル系酸化防止剤

3.重金属不活性化剤の種類と使用方法

4.光安定剤の種類と有効な使用方法
 4-1 UVAの作用機構および性能比較
 4-2 HALSの作用機構および性能比較

【質疑応答】