Home
->  11月開催 その他セミナー 

設計部門の「見える化」による生産性向上方法

11月開催 その他セミナー  更新日:2019年10月 1日
 セミナー番号【911504】11/22 講師1名
★増え続ける業務、短納期化する開発期間、減らされる人員...今、設計部門の立て直しが急務だ!

設計部門の「見える化」による生産性向上方法


■ 講師
トータルマネジメントシステム研究所 代表 角川 真也 氏

■ 開催要領
日 時 :
2019年11月22日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

※技術コンサルタントの方や、講師業の方は、受講をご遠慮ください。
  (企業/大学等への所属有無を問わず、実質的に、所属団体以外に技術指導をされている方は、受講をお断りしております。)


プログラム

【講演のポイント】
際限なく増え続ける業務、短納期化する設計開発期間、増えるどころかむしろ減らされる人員。昨今より一層厳しさを増す設計部門の経営環境 下、設計・開発業務の遂行が困難になってきています。また現在政府が推進中の『働き方改革』で要求される残業時間の上限規制(45時間/月)に対し、過重労 働が常態化している設計部門では対応が非常に厳しいのが実態です。『働き方改革』対策は業務生産性向上に尽きるのですが、やみくもに取り組んでみても 大きな成果は期待できません。 そこで当セミナーでは、『見える化ツール』(独自開発)による問題業務(低生産性業務)の発見方法についてお教えします。設計 部門の全業務の実態を数値データ(工数・金額)で定量的に「見える化」し、①業務量平準化②ムダ取り③生産性向上の3ステップで改善します。 その結果、① 業務生産性向上②業務不良予防③スタッフの心身の不全発症予防等の効果が得られます。 『見える化ツール』とは2つのExcelファイルで設計業務の生産性 と品質に関する全データを一元管理するもので、シンプルな書式のため作成・運用にかかる工数が少なく、マンパワー不足気味の部署や会社でも導入できま す。 あまり知られていない事実ですが、『見える化ツール』は『組織マネジメントシステム』として欧米企業の高い生産性の原動力となってなり、国内でも一部先 進的企業では導入済のところが増えています。御社設計部門でも同システムを自力で構築し、数値データによる科学的な組織マネジメント手法によって業務生 産性向上を図りませんか。

【講演項目】
1.『組織マネジメントシステム』不在の恐ろしさ
  1.1 今日の設計部門の置かれている状況
  1.2 業務の「見える化」の遅れが招いた悲劇
  1.3 この悲劇から私が学んだこと
  1.4 業務の「見える化」はなぜ必要か?

2.設計部門の業務生産性が日本メーカーの弱点
  2.1 世界から見た日本の生産性(現場・事務所)
  2.2 製造現場と設計部門の生産性に「差」がある理由とは?
  2.3 設計部門の業務の問題点は「見える化」の遅れ

3.設計部門の業務の実態の「見える化」する
  3.1 正しいやり方でやらないとどうなるのか?
  3.2 業務の何を「見える化」するのか?
  3.3 どのようにして「見える化」するのか?

4.設計部門の業務の問題点を発見し改善する
  4.1 業務の『見える化ツール』とは?
    ①『見える化ツール』の2バージョン(生産管理と品質管理)
    ②『見える化ツール』の導入効果
    ③業務毎単価の算出方法
    ④『見える化ツール』の間接効果と導入資源
    ⑤『見える化ツール』とISO9001および内部統制との関係
  4.2 業務「見える化」事例紹介
  4.3 『見える化ツール』から分かる設計部門の『業務の問題点』(演習あり)
    ①どこにあるか?
    ②どのくらいあるか?
  4.4 設計部門の『業務の問題点』の改善方法(演習あり)
    ①人員配置見直し
    ②業務分担見直し
    ③マニュアル整備
    ④業務生産性向上
  4.5 『見える化ツール』作成の費用対効果

5.『見える化ツール』の作成方法について
  5.1 『見える化ツール』作成マニュアル解説
  5.2 『見える化ツール』作成演習

6.設計部門の業務「見える化」推進方法
  6.1 推進体制
  6.2 標準スケジュール
  6.3 全員に喜んで協力してもらう方法とは?
  6.4 維持・運用方法

7.生産性向上の3ステップ「見える化」「最小化」「標準化」
  7.1 「見える化」はファーストステップに過ぎない
  7.2 業務を減らしたければ「ムダ」探しは止め、「本来あるべき姿」を追求せよ
  7.3 業務「改善」と「改革」の違いとその推進方法およびツール
  7.4 マニュアル作成の真の目的は業務生産性の「高位標準化」
  7.5 科学的組織マネジメント手法とは?
  7.6 組織マネジメントシステム構築の先にあるもの
    (生産性・品質・従業員満足度・顧客満足度・会社利益のすべてが向上)

【質疑応答・個別質問・名刺交換】