Home
->  11月開催 その他セミナー  12月開催 その他セミナー 

目的に応じたパテントマップの作成と活用法

11月開催 その他セミナー  更新日:2019年10月 1日
 セミナー番号【912501】12/6 講師1名
★見栄えの良いツールだけを導入しても「使えるマップ」は作れません!

目的に応じたパテントマップの作成と活用法


~競合企業の出願動向・技術動向調査、他社の権利の状況把握、技術予測、群管理、課題発見...~

■ 講師
アイディエーション・ジャパン(株) 取締役 CTO シニアコンサルタント 長谷川 公彦 氏

■ 開催要領
日 時 :
2019年12月6日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。



プログラム

【講演のポイント】
パテントマップは魔法のツールではありません。また、汎用のソフトウェアで作成できるパテントマップが研究開発の現場で有効活用できるとも限りません。パテントマップはそれを使う人の知識が必要とされるものです。研究者、技術者がパテントマップの作成に携わることで、研究開発の現場で活用できるものが完成します。 今回のセミナーでは研究開発と知的財産マネージメントの現場で有効に活用できるパテントマップの作成方法に焦点を当てています。どのようなパテントマップを作成すれば使えるマップになるのか、目的別の各種パテントマップについて解説します。 ゼロから発明をするような無駄をなくし、発明の生産効率を上げるためのパテントマップや、他社が手がけていない新しい課題を発見するためのパテントマップについても解説します 。

【講演項目】
1. パテントマップの概要
  (1)何のためのパテントマップか?
  (2)事業戦略・知財戦略からみたパテントマップの意義
  (3)パテントマップの種類
  (4)定量マップと定性マップ
  (5)出願人、発明者の状況を知るマップ
  (6)技術開発の動向を知るマップ

2. 知財戦略編
  (1)いま求められる知財戦略とは?
  (2)研究開発のためのパテントマップとは?
  (3)特許出願の群管理とは?
  (4)パテントマップとマーケットマップとの対比とは?

3. パテントマップ作成の基礎編
  (1)どんな資料をまとめればよいか?(データ収集と一覧表の作成)
  (2)課題(目的)の妥当性の確認
  (3)解決手段の妥当性から課題を発見する方法

4. 研究開発に役立つパテントマップ編
  (1)穴あき技術を発見するマップのうそ
  (2)新しい課題を発見するためのマップ
  (3)用途開発に役立つマップ
  (4)解決策のヒントを得るマップ
  (5)次世代のコア技術を開発するためのマップ

5. 知的財産マネージメント編
  (1)知財戦略のための発明の評価
  (2)特許回避のためのマップ作成法
  (3)発明強化のためのマップ作成法

6. グループ演習

【質疑応答・個別質問・名刺交換】