Home
->  11月開催 その他セミナー  12月開催 その他セミナー  5月開催 その他セミナー 

~BtoB企業における~
技術マーケティングによる潜在ニーズの発掘とR&Dテーマへの落とし込み方

5月開催 その他セミナー  更新日:2019年10月 1日
 セミナー番号【912508】12/12 講師3名
★研究者・技術者にマーケティングマインドを持たせる方法とは!!
★自社技術を顧客価値に結び付ける仕組みを大公開!!

~BtoB企業における~
技術マーケティングによる潜在ニーズの発掘とR&Dテーマへの落とし込み方


■ 講師
1.
アイマーケ(株) 代表取締役 石川 憲昭 氏

2. 沖コンサルティングソリューションズ(株) 代表取締役社長 杉尾 俊之 氏
3. 富士電機(株) 執行役員 技術開発本部長 近藤 史郎 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年12月12日(木)10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

<10:00~13:00>


【第1部】 BtoB企業における技術マーケティングの進め方

アイマーケ(株) 代表取締役 石川 憲昭 氏


【講演趣旨】
技術マーケティングの役割は技術を活かし顧客に支持される製品を創出することである。 近年、BtoB企業は、特定顧客の要求だけに頼らず、自ら市場を開発し価値創造に取組む動きが活発化している。魅力的な価値の創造には、研究開発部門の技術者が、マーケティングマインドを持ち、研究・技術開発とマーケティングを一体的に取組むことが求められる。本セミナーでは、技術マーケティングの基礎知識と、市場調査、アイディア発想、コンセプト創造など技術マーケティングの実践手法の習得を目指す。また、マーケティングの新潮流である、製造業のサービス化、ものづくりPoC、デザイン思考、エフェクチュエーションの有効性を紹介する。

【講演項目】
1.技術者が押さえておくべきマーケティングの基礎  
  1-1.経営とマーケティング  
  1-2.BtoBマーケティングの特長  
  1-3.マーケティング活動の全体像(製品開発・管理、販路開拓・管理)

2.開発と一体となった技術マーケティングの進め方  
  2-1.市場開発と技術開発  
  2-2.開発マーケティングによる製品開発

3.顧客価値の創造と提供  
  3-1.新事業・製品アイディアの発想(デザイン思考の活用)  
  3-2.製造業のサービス化(ものづくり、ことづくり)  
  3-3.ものづくりPoC(Proof of Concept)の事例  
  3-4.技術のブランディング

4.技術マーケティング実践における課題  
  4-1.組織体制とプロジェクトマネジメント  
  4-2.エフェクチュエーション(市場創造の実効理論)

【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------

<13:45~15:15>

【第2部】顧客の潜在ニーズを探る技術マーケティングと研究開発への活用

沖コンサルティングソリューションズ(株) 代表取締役社長 杉尾 俊之 氏


【講演趣旨】
IoTの時代を迎え、ビジネス環境のパラダイムが大きくシフトし、また、グローバル競争が 激化する中で、将来に亘って顧客価値・ニーズを見通すことは難しい。しかも、顧客は企 業からの提案に「無言」の反応で意思を示したり注文をつけたりする。実はこのような顧 客行動の中にこそ真のニーズが潜んでいるが、その潜在ニーズを様々な機会を通じて把握するのが、技術マーケティングという手法である。
本講演では、次世代の社会・産業のコンセプトを俯瞰的に捉え、その価値観を満たす商品・サービスを実現するための技術の高度化とその組み合わせを図る技術マーケティングによる技術・商品開発ついて概説する。

【講演項目】
1.事業環境のパラダイムシフト  
  1-1.アナログからデジタルへ  
  1-2.クローズからオープンへ  
  1-3.IoT化が引き起こすパラダイムシフト  
  1-4.市場環境の変化

2.技術マーケティング  
  2-1.技術マーケティングのプロセス  
  2-2.変化の予兆を捉える  
  2-3.マクロ環境の変化(ハイプサイクル)  
  2-4.バックキャスティング

3.戦略の見える化による研究開発シナリオの策定  
  3-1.研究開発の課題  
  3-2.テーマ評価の対象と出力  
  3-3.戦略シナリオの策定

【質疑応答】

-------------------------------------------------------------------------------------

<15:30~17:00>


【第3部】富士電機における技術マーケティングを活用した新規テーマ探索の方法

富士電機(株) 執行役員 技術開発本部長 近藤 史郎 氏


【講演趣旨】
これからの企業が成長するためには、既存の枠組みを脱し新たな価値を創出するイノベーションが必須、と言われる。そのために、イノベーションを生むための方策があまた紹介されるが、それを実践したらイノベーションが高確率で生まれるとは限らない。 加えて、世の中には 「やった方が良いこと」が溢れていて、しかしながら限られたリソースであらゆることをやることもできない。本講演では、過去から現在に亘って富士電機が作り上げてきた研究開発の仕組みを紹介し、その中での技術マーケティングの取り組みをご紹介したい。研究開発の役割がHowからWhatへ移行する中で、現時点の取り組みと今後の課題がお話しできればと思う。

【講演項目】
1.Introduction(富士電機の紹介 ほか)

2.富士電機の研究開発

3.ロードマップマネジメント

4.商品企画力強化への取り組み

5.技術マーケティングと技術プロモーション

6.事例

7.これからの課題

【質疑応答】