Home
->  10月開催 医薬系セミナー 

界面活性剤の種類とメカニズム,選び方と使い方

10月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年9月 3日
 セミナー番号【910102】10/10.11 講師3名
★ 界面活性剤の特徴と特性の把握、豊富な応用・用途例
★ 既存の界面活性剤の複合化、一部の化学修飾による「新しい用途、新規材料開発」

界面活性剤の種類とメカニズム,選び方と使い方


■ 講師
  講師が1名追加(第1部)となっております。
【第1部】  (株)カネカ 新規事業開発部(企画) 幹部職 柳澤恵広 氏
【第2部】  ダウ・東レ(株) 研究開発部門 製品開発2部 主任研究員 田村 誠基 氏
【第3部】 味の素(株) バイオ・ファイン研究所  香粧品グループ長 押村 英子 氏
【第4部】 (株)ミルボン 中央研究所 開発顧問 堀内 照夫 氏
【第5部】 (株)ダイセル 有機合成カンパニー 戦略企画グループ 主任部員 坂西 裕一 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年10月10日(木) 13:00~17:15 ⇒ 10:30~17:15  講師が1名追加のため開始時間に変更がございます。
      10月11日(金) 10:00~16:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
聴講料 1名につき65,000円(消費税抜き/両日とも昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき60,000円〕


プログラム

10/10
【10:30~12:00】
【第1部】 天然由来の界面活性剤サーファクチンの応用展望

(株)カネカ 新規事業開発部(企画) 幹部職 柳澤恵広 氏
 
【講座主旨】
 近年の海洋マイクロプラスチック汚染の問題など、世界的な環境意識の高まりから様々な領域でサステイナビリティが益々重視され、界面活性剤も例外では無い。バイオサーファクタント(BS)は微生物が作る天然の界面活性剤で、カーボンニュートラルでSDGsの実現にも貢献しうる。親水基の構造により様々なBSが知られ、中でもペプチド型のサーファクチンについて、そのユニークな分子構造と物性、化粧品等での応用について紹介したい。


【講座内容】

1.バイオサーファクタントとは
  ・分子構造と種類

2.サーファクチンとは
  ・由来について(発酵生産)
  ・分子構造と基本性能、安全性
  ・環状ペプチド構造に由来する特異性能

3.サーファクチンの応用例
  ・化粧品分野での活用事例(D相ゲル/乳化/プレミックス化、相乗効果、ほか)
  ・その他の産業での活用事例


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

10/10
【13:00~15:00】
【第2部】 シリコーン系界面活性剤の新しい用途を含めた活用事例

ダウ・東レ(株) 研究開発部門 製品開発2部 主任研究員 田村 誠基 氏

専門分野:有機変性シリコーン、シリコーン系界面活性剤、およびそれらの用途開発

【講座主旨】
 界面活性剤は疎水性部分と親水性部分とからなるが、その疎水性部分がシリコーンであるものがシリコーン系界面活性剤である。シリコーンは炭化水素とは異なる特性をもつことから、シリコーン系界面活性剤も炭化水素系界面活性剤には無い特徴を有しており、幅広い産業分野・用途で利用されている。その用途は、親水性、吸水性、レベリング性、帯電防止性、親油性、顔料分散性、柔軟性、潤滑性、風合い調整性、離型性などを活かした、繊維、化粧品・トイレタリー、塗料・インキ、ゴム・プラスティックなどの産業における製品改良成分、あるいは整泡性、消泡・抑泡性、浸透性、分散性、潤滑性などを活かした、ウレタンフォーム、パルプ・製紙、金属加工・機械などの産業における工程助剤などが挙げられる。本セミナーでは、シリコーンとシリコーン系界面活性剤の特徴と特性、それらを活かした産業分野での用途例について述べる。

【講演内容】

1.シリコーンの概要
2.シリコーン系界面活性剤の概要
 2.1 主鎖構造(疎水性部分)
 2.2 有機性官能基(親水性部分、親油性部分)
 2.3 分子構造
 2.4 特徴

3.応用例
 3.1 整泡性、起泡・消泡性の利用
 3.2 乳化・可溶化性の利用
 3.3 自己組織体形成性の利用
 3.4 液性改質(ぬれ・湿潤性、展延性)としての利用
 3.5 表面改質(滑性、疎水性、分散性、帯電防止、防曇性)としての利用

 


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

10/10
【15:15~17:15】
【第3部】 アミノ酸系界面活性剤の種類、特性と活用法

味の素(株) バイオ・ファイン研究所  香粧品グループ長 押村 英子 氏
 
【講座主旨】
 本講座ではパーソナルケア用起泡性洗浄成分として広く利用されているアシルアミノ酸塩を中心に、その特長と用途を紹介する。


【講座内容】
1.アミノ酸とアミノ酸系界面活性剤

2.アシルアミノ酸塩の特長と用途
 2.1 アシルアミノ酸塩の特性
 2.2 アシルグルタミン酸塩
 2.3 アシルグリシン塩
 2.4 アシルサルコシン塩
 2.5 その他のアシルアミノ酸塩

3.塩基性アミノ酸の界面活性剤としての利用


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

10/11
【10:00~14:45】  途中に45分の昼食時間あり
【第4部】 アニオン・カチオン・両性・ノニオン界面活性剤の種類と新しい用途を含めた活用例

(株)ミルボン 中央研究所 開発顧問 堀内照夫 氏

専門分野:界面活性剤、乳化技術、毛髪科学、水溶性高分子

 
【講座主旨】
 日常生活で使用している、トイレタリー製品をはじめ、化粧品、食品、口腔製品、医薬品、並びに化学製品等の様々な製品中には何らかの目的で「界面活性剤」が配合されているといって過言でない。これは界面活性剤が一成分で、乳化作用、分散作用、可溶化作用、湿潤作用、洗浄作用などの多様な機能・作用を具現ができるためでる。 一方、現代社会における顧客の消費財に対する購買動機は「機能」、「価格」のcost/performanceといった一辺倒の固定観念から、「利便性」、「快適性」、「ファッション性」、「環境・生理的安全性」と多様化傾向を呈している。界面活性剤の技術開発も、開発コスト・安全性等のリスクが高い新機能性界面活性剤を開発するというよりはむしろ、既存の界面活性剤の高度利用開発技術(複合化)により、課題解決を計る傾向が大きいように思える。本講義では、既存の界面活性剤の複合化、または一部の化学修飾による、「新らしい用途、新規材料開発」の創製に繋がる萌芽技術を中心に述べることにする

【講演内容】

1.はじめに

2.界面活性剤の開発推移の概要

3.界面活性剤水溶液の物理化学的性質
 3.1 界面活性剤の分類とその特徴
 3.2 界面活性剤の構造要因とその作用・機能
 3.3 界面活性剤の溶解挙動
 3.4 吸着等温曲線
 3.5 界面活性剤の物理的構造要因と分子集合状態

4.アニオン界面活性剤の種類と活用事例
 4.1 混合界面活性剤による機能向上
  1) 表面張力降下作用
  2) 無機塩の塩入高か
  3) タンパク変性抑制効果
 4.2 天然系機能性界面活性剤

5.カチオン界面活性剤の種類と活用事例
 5.1 洗剤用高分子柔軟剤(高分子ベシクル剤)
 5.2 配管抵抗減少剤(DR剤)

6.両性界面活性剤の種類と活用事例

7.ノニオン界面活性剤の分類と活用事例
 7.1 ノニオン界面活性剤にベシクル形成性と機能

8.拡張HLB法―混合界面活性剤の指標値
9.おわりに


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

10/11
【15:00~16:00】
【第5部】 ポリグリセリン系界面活性剤の種類と活用事例

(株)ダイセル 有機合成カンパニー 戦略企画グループ 主任部員 坂西 裕一 氏

専門分野:有機合成化学、界面化学
 
【講座主旨】
 ポリグリセリン系界面活性剤は、親水部にポリグリセリンを有する非イオン性界面活性剤の総称である。自然由来原料を用いて製造され、その安全性の高さから適用範囲は食品や化粧品などに用いられることが多い。本項ではその用途や、基礎的な性質、具体的な応用例について述べる

【講座内容】
1. ポリグリセリン系活性剤の位置づけ
2. 高親水性で、起泡性の高いポリグリセリン系活性剤
3. 疎油性とクレンジング剤への応用
4. その他


【質疑応答】