Home
->  10月開催 医薬系セミナー  11月開催 医薬系セミナー 

メイクによる顔色・印象変化の評価技術と化粧品開発

10月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年9月 3日
 セミナー番号【911111】11/5 講師4名
☆ ポイントメイクの配色やメイクによる肌の質感変化が、人の印象に与える影響とは?
☆ 印象変化のメカニズムをふまえ、その評価手法が学べる!

メイクによる顔色・印象変化の評価技術と化粧品開発


■ 講師
【第1部】 
一般社団法人 日本 顔・印象コンサルティング協会 代表理事 九島紀子 氏

【第2部】 関西学院大学 理工学部/感性価値創造研究センター 特任准教授 飛谷謙介 氏
【第3部】 (株)桃谷順天館 フロンティア研究所 シニアエキスパート 石黒陽平 氏
【第4部】 千葉大学 大学院工学研究院 准教授 桐谷佳惠 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年11月5日(火)10:00~17:15

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00~11:30】  
【第1部】 顔パーツ配置と化粧による印象評価

一般社団法人 日本 顔・印象コンサルティング協会 代表理事 九島紀子 氏

 
【講座主旨】
周知のとおり、対人関係には,人々の外見が大きく影響しています。特に第一印象は,たった数秒で決定づけられ,その印象はなかなか変えることができないものとされています。美容業界では、お客様の第一印象・対人関係をも考慮した外見の提案(施術)が必要であり、そのためにはお客様との共通言語・認識を持つことが必要であると考えられています。一定の基準を持つためにはどのようにすればいいのか。そこから、顔パーツ配置と化粧による印象評価について検討してきました。美容の現場から生まれた研究をご紹介させて頂きたいと思います。

【講座内容】

1.顔パーツ配置の差異のみで年齢・性別の特徴を踏まえた異なる印象の顔を作成することが可能か否か,
  またそれら顔を分類,識別できるのかを検討する。
 ・平均顔
 ・大人の顔と子どもの顔
 ・男性の顔と女性の顔
2.原型となる顔をベースにメイク刺激を作成し,作成されたメイクの差異で成熟,
   性別の特徴を踏まえた異なる印象を与えることができるかを検討する。
3.形態の異なった顔に異なったメイクを施すことによる対人印象に与える影響について検討する。
   成熟・性別特徴を踏まえた顔とメイクの組み合わせを作成し,それらメイク顔が
   それぞれどのような印象を与えるかを検討する。
【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:15~13:45】
【第2部】 素肌・メイク肌における質感のモデル化

関西学院大学 理工学部/感性価値創造研究センター 特任准教授 飛谷謙介 氏

 
【講座主旨】
人の肌は体の最も外側に位置し,その表面を広く覆っている器官である。そのため,生体の内部と外部の境界として重要な役割を果たしており,生理的,物理的に生体を外部から分離し,外部環境の情報の受容・伝達や外的悪影響から保護する膜の役割として働く。一方心理的,社会的には,人の外見の基盤としてその印象形成に寄与しているだけでなく,肌の状態から年齢・性別,情動や健康状態など様々な情報を読み取れることから,他人とのコミュニケーションにおいても重要な役割を担っている。それゆえ,肌を美しく装い,他者から受ける印象を操作し,対人関係を円滑にするための化粧行動は古来より人にとって常に強い関心の対象であった。メーキャップ等の化粧行動は肌の形状,色,質感を制御し,より好ましい肌を具現化する。今回はこれらの要素の内,透明感やツヤ感といった肌の質感に着目し,実際の研究例を交え,素肌および化粧を施した肌における質感のモデル化手法ついて概説する。

【講座内容】

1.素肌の質感表現における印象と物理特性の関係性のモデル化
 1.1 素肌の評価語選定
 1.2 肌の物理特性に基づいたCG画像の作成
 1.3 肌に対する印象評価実験
 1.4 肌の印象と物理特性の関係性のモデル化

2.素肌とメイク肌における透明感構成要素の比較
 2.1 透明感に関連する質感や状態を表現する語句の収集
 2.2 透明感関連語間の距離を測定
 2.3 素肌とメイク肌の比較

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:00~15:30】
【第3部】 ファンデーションの色に関する好ましさの感性評価

(株)桃谷順天館 フロンティア研究所 シニアエキスパート 石黒陽平 氏

 
【講座主旨】

メイクアップ化粧品は見た目を使用者にとって好ましく仕上げることを主たる目的とするアイテムである。そのため、「人々は顔のどこをどのように見て仕上がりが好ましいか否かを判定しているのか」という感性メカニズムを考察することは、メイクアップ化粧品開発において最も重要な工程の一つであるといえる。本講演では、メイクアップ化粧品を代表するアイテムの一つであるファンデーションを取り上げ、その塗布色の好ましさ、より具体的には「ファンデーションを塗って色が合っていないと感じる時にはどのような感性メカニズムが働いているのか」について論じる。。

【講座内容】
・ファンデーションに関わる様々な色

・ファンデーション開発における色理論構築の必要性

・表色系の選択について

・測色方法の選択について

・測色領域の選択について

・写真、イラストにおける好ましい肌色

・肌色の部位差,年代差

・嗜好される塗布色の傾向

・塗布色の好ましさの感性メカニズム

・指標値の開発と検証

・感性メカニズム研究の課題と今後の展望

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:45~17:15】
【第4部】 ポイントメイクによる肌色誘導現象

千葉大学 大学院工学研究院 准教授 桐谷佳惠 氏

 
【講座主旨】

肌色誘導現象とは,アイシャドウや口紅といったポイントメイクによって,肌色が見た目の上で違った色に見えることを指す。これは一種の人体錯視と考えられ,長年研究されて来た幾何学的錯視とは異なるユニークな側面を見せる。今回は,ポイントメイクの印象,肌色誘導現象の詳細,好ましいメイク配色などについて, 講演者の研究成果から得られた知見を紹介する。

【講座内容】

・同系色メイクか?反対色メイクか?

・ポイントメイクの印象

・誰がどうやって?:評価者の性別と媒体の問題

・アイシャドウの効果

・口紅の効果

・関係する原理

・アイシャドウと口紅,組合わせの印象

・美しく見える色の許容範囲測定

・残された課題

・実際のメイクへの応用

【質疑応答】