Home
->  9月開催 その他セミナー 

障害特許の効率的な見つけ方と対策方法

9月開催 その他セミナー  更新日:2019年8月 1日
 セミナー番号【909510】9/27 講師1名
★どのように「抜け」「もれ」なく、効率的に問題となる特許を見つけ出すか!!
★障害がある他社特許を見つけた際の対策の仕方とは!!

障害特許の効率的な見つけ方と対策方法


■ 講師
堂島特許事務所 パートナー弁理士 神野 直美 氏(元 住友化学(株) 知的財産センター 海外特許部長)

■ 開催要領
日 時 :
2019年9月27日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。



プログラム

【講演のポイント】
他社の特許権等の侵害により、製造、販売の中止等の大きな問題が生じますので、製品の製造、販売をしている場合のみなら ず、その研究開発段階においても、問題を生じるかも知れない特許(障害特許)の調査、その対策が重要であります。しかし、全 世界で毎年300万も出願される特許の中から、障害特許を見つけ、その障害の有無を判断することは容易ではありません。本 講座では、膨大な特許情報の中から、障害特許をできる限り効率的にかつ抜けやもれがないように見つける方法及び実際にど の程度の障害があるか評価する方法について、解説します。さらに、実際に障害がある他社の特許を見つけた場合の対策につ いても、モデルケース等を示しながら解説します。


【講演項目】
1.特許(知的財産)による事業リスク

2.特許調査(障害特許の見つけ方)1
  2-1.自身の対象製品の解析
  2-2.調査手段(CPによる検索等)
  2-3.調査範囲

3.特許調査(障害特許の見つけ方)2
  3-1.CPによる検索方法、検索手段について
  3-2.キーワード、特許分類等の選択
  3-3.外国特許の調査 (機械翻訳の利用)

4.障害特許の特許性の評価(無効・拒絶理由及びその調査)

5.障害特許と抵触性の評価(特許権の権利範囲の解釈について)

6.障害特許をみつけたときの対策(対策ができない場合はあるか?)

7.特許権者との交渉(ライセンス、クロスライセンス)

8.特許(出願)を無効化するための手法(異議申立て、無効審判、侵害訴訟)


【質疑応答・個別質問・名刺交換】