Home
->  9月開催 医薬系セミナー 

飛翔移動型昆虫類の建物内への侵入原因・実態と防止対策

9月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年8月 1日
 セミナー番号【909114】9/24 講師1名
☆ いくら対策を講じてもなぜ侵入が減らないのか?
 昆虫には見えているトラップの抜け道を、熟練者が昆虫目線で解説します!

飛翔移動型昆虫類の建物内への侵入原因・実態と防止対策


■ 講師
防虫・総合衛生コンサルタント 代表 今野禎彦 氏

■ このセミナーで学べる事
・飛翔昆虫の移動方法や道程、好みや行動パターンを学び、 今後の防虫トラブルの撲滅につなげる方法が分かる

・ モニタリング設計や結果の読み取り方を学び、 自社工場内での昆虫の動きが手に取るようにわかるようになる

・問題となる虫を事例にあげ、その排除法・発生防止法を具体的に学べる

■ こんな方におススメ
・防虫対策を講じても成果が出ず、虫の混入トラブルにお悩みの方

・防虫対策外部委託しても、それが有効なのかイマイチ判断できない方

■ 開催要領
日 時 :
2019年9月24日(火)10:00~17:00

会 場 :
[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき65,000円(税抜)〕

  ※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム


【講座主旨】
製造物への虫体異物混入事故の中で、空間を飛翔移動し工程内に落下する事によって、問題を起こす昆虫を中心に、生態特性・事故発生の事例と解説、これらに具体的な防止対策・対策の失敗と誤認・日常管理上の問題と解決策などについて具体的に説明します。なお、受講者が現在困っている、飛翔移動型昆虫の写真、標本、問題事例などを示して頂ければ、その対策についても説明いたします。

【講座内容】

1.飛翔移動型昆虫類の建物内への侵入原因・実態と防止対策
 1.1 飛翔移動型昆虫類事故の現状
 1.2 飛翔移動型昆虫類とは
 1.3 生物汚染対策の誤認
2.生物汚染の原因分析と事例紹介
 2.1 事故防止上、注意したい飛翔移動型昆虫類の生態
 2.2 誤った対策・誤認
 2.3 従来の対策と問題
3.事故の防止技法
 3.1 製造施設の点検方法
 3.2 事故を防止する対策
 3.3 事故防止の確実な効果を得る為に実施すべき技法

4.管理技法
 4.1 今すぐに、点検したい事
 4.2 簡易的、科学的な点検技法
 4.3 誤認しやすい点検方法
 4.4 安全性の確認

5.具体的な対策技法紹介
 5.1 昆虫生態から考えるモニタリング技法
【質疑応答】