Home
->  10月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

ポリウレタンフォームの材料設計と成形加工技術

9月開催 化学系セミナー  更新日:2019年8月 1日
 セミナー番号【910212】10/8 講師4名
★ ウレタン原料の特徴、選び方からフォームの製造、成形トラブル対策まで徹底解説します!!

ポリウレタンフォームの材料設計と成形加工技術


■ 講師
1.愛知工業大学 名誉教授 理学博士 尾之内 千夫 氏

2. 東ソー(株) 南陽研究所 主任研究員 徳本 勝美 氏氏

3. Cannon S.p.A. 海外オペレーション 統括マネージャー 外山 寿 氏

4.丸加化工機(株) 伊藤 義雄 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年10月8日(火) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 60,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

   
※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00-11:30】

1.ポリウレタンの合成、構造と物性

愛知工業大学 名誉教授 理学博士 尾之内 千夫 氏

 

1.はじめに~ポリウレタンの特徴と一般的用途~
 1-1 ポリウレタンの諸物性
 1-2 成形加工性について
 1-3 ポリオール/イソシアネート制御による特性の発現

2.ポリウレタン合成の基礎と配合例
 2-1 イソシアネートの反応と特徴
  1) イソシアネート基の基礎
  2) 架橋反応と結合
   ・自己付加反応  ・挿入反応
   ・環状付加反応  ・重合反応
 2-2 ポリオールの種類と特徴
  1) ポリエーテルポリオール
  2) ポリエステルポリオール
  3) その他のポリオール
 2-3 鎖延長剤の種類と特徴
 2-4 触媒とその作用機構
 2-5 ワンショット法とプレポリマー法

3.ポリウレタンの化学構造と一般的特徴
 3-1 ソフトとハードブロックの化学構造
 3-2 高次構造と物性および解析手法

4.ポリウレタンの劣化と安定化
 4-1 熱(酸化)劣化対策と安定化
  1) 熱(酸化)劣化機構
  2) 熱安定剤の作用機構
 4-2 光(酸化)劣化対策と安定化
  1) 光(酸化)劣化機構
  2) 光安定剤の作用機構
 4-3 その他の劣化機構

5.ポリウレタンの高機能化

6.まとめ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【10:00-11:30】

2.ポリウレタンフォームの反応と触媒の選択・使用法および規制対応

東ソー(株) 南陽研究所 主任研究員 徳本 勝美 氏

 
1.ポリウレタン用触媒の基礎と活性機構
 1-1 ポリウレタン用触媒の種類とその役割
  1) 触媒の種類と役割
  2) ウレタンフォームに及ぼす触媒の影響
  3) 触媒の泡化/樹脂化活性と反応性、フォーム物性の関係
 1-2 ポリウレタン用触媒の活性とその評価方法
  1) イソシアネートの反応
  2) 触媒の活性と評価方法

2.アミン触媒の構造と活性、局所構造の関係
 2-1 アミン触媒の構造と活性との関係
  1) 触媒の活性化機構
  2) 触媒の構造と活性との関係
  3) アミン触媒の温度依存性

3.環境に配慮したポリウレタン触媒の開発動向
  1) 軟質フォーム用VOC対策触媒
  2) 硬質フォーム用難燃性改良触媒
  3) ウレタンエラストマー用重金属代替触媒

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:00-15:30】

3.ポリウレタンフォームの製造設備とプロセス

Cannon S.p.A. 海外オペレーション 統括マネージャー 外山 寿 氏

 
1. マテリアルズ・インフォマティクス概要
 1-1 AI for Materialsとマテリアル・ゲノムプロジェクト
 1-2 国内外のプロジェクト動向
 1-3 機械学習の基礎
 1-4 機械学習応用の流れと課題設定の重要性
 1-5 代表的な機械学習応用事例の紹介
 1-6 マテリアルズ・インフォマティクスの課題と解決・今後
  ・物質・材料データの特徴と注意点
  ・「分かりたい」のか「見つけたい」のか
  ・情報科学市民権

2. 高コストな結果から低コストで予測する
 3-1 予測技術が解決する課題
 3-2 予測モデル作成のワークフロー
 3-3 例:アモルファス材料内の拡散経路探索
 3-4 例:計算データから触媒収率を予測する

3.機械学習を応用する前に考えること
 4-1 情報科学者とのコミュニケーション
 4-2 「課題設定」の重要性

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:45-17:15】

4.ポリウレタン発泡機の種類、特徴と成形事例

丸加化工機(株) 伊藤 義雄 氏
 
1.ポリウレタン発泡機について
 1-1 ポリウレタン発泡機
 1-2 ポリウレタン発泡機の種類
  1) 低圧発泡機
  2) 高圧発泡機
  3) 発泡機の選択
 1-3 発泡機の詳細説明
  1) 混合システム
  2) 原料の温度調節方法
  3) 原料の計量(メタリング)

2.ポリウレタン発泡製造設備
 2-1 軟質スラブストック発泡設備
  1) バッチ発泡設備
  2) 連続発泡設備
 2-2 サンドイッチパネル製造設備
  1) バッチ発泡設備
  2) 連続発泡設備
 2-3 冷蔵庫発泡設備
  1) キャビネット発泡設備
  2) ドアー発泡設備
 2-4 モールド発泡設備
 2-5 表皮一体成型(モールド成型)
 2-6 RIM成形設備
 2-7 スプレー発泡設備
 2-8 RTM成形機


【質疑応答】