Home
->  10月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

5G通信,ミリ波用アンテナの設計と材料、評価技術

9月開催 化学系セミナー  更新日:2019年8月 1日
 セミナー番号【910208】10/18 講師3名
★ 爆発的に使用量が増加するミリ波アンテナ! その材料への要求特性とは?
★ 透明なアンテナの開発例!

5G通信,ミリ波用アンテナの設計と材料、評価技術


■ 講師
1.キーコム(株) 開発技術部 部長 鈴木 洋介 氏

2.(株)NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 猪又 稔 氏

3.三重大学 大学院工学研究科 教授 博士(工学) 村田 博司 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年10月18日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕

   
※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00-12:00】

1.5Gアンテナの要求特性と性能評価技術

キーコム(株) 開発技術部 部長 鈴木 洋介 氏

 
1.5Gに用いる周波数とミリ波でよく用いる用途と周波数

2.5G基地局アンテナへの要求

3.5G子機アンテナへの要求

4.ミリ波アンテナの種類と特徴

5.アンテナの測定法
 5.1 遠方界法
 5.2 近傍界法

6.円偏波アンテナの測定法

7.各種アンテナ測定における留意点

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:45-14:45】

2.ミリ波の伝搬特性とガラスアンテナの検討例

(株)NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 猪又 稔 氏

 
1.5Gにおける高周波数帯の利用シナリオ

2.伝搬特性とそのモデル

3.アンテナへの要求特性

4.ガラスアンテナの検討例

【質疑応答】


※最新の講演項目は本ページでご案内いたします。
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:00-17:00】

3.低誘電率、低損失フッ素系樹脂基板を用いたアンテナの設計

三重大学 大学院工学研究科 教授 博士(工学) 村田 博司 氏

 
【講座の趣旨】
将来の5G移動体無線通信・IoTの鍵を握るミリ波アンテナ、特に誘電体基板を用いたミリ波アンテナ技術について解説する。5Gでは、搬送波周波数をマイクロ波帯から準ミリ波・ミリ波帯にシフトさせることが必定である。ミリ波帯では、周波数多重に加えて、MIMO等の空間多重技術を容易に利用できるため、超大容量化・多チャンネル化が可能である。一方、ミリ波無線では、アンテナの設計と実装が高性能化の鍵となる。
 本講座では、低誘電率・低損失フッ素系樹脂基板を用いたアンテナの設計・試作と、高性能ミリ波アンテナ電極光変調器について議論する。また、5G無線のための国際共同研究プロジェクト (RAPID) における実際のフィールドでの無線通信実験についても紹介する。


1.はじめに
 1.1 5G移動体無線通信・IoTの動向 ~マイクロ波からミリ波へ~
 1.2 ミリ波アンテナの重要性

2.誘電体基板とミリ波アンテナ
 2.1 アンテナの基礎
 2.2 波長短縮とアンテナ利得

3.電磁界シミュレーション
 3.1 3次元電磁界解析のポイント
 3.2 共振周波数とインピーダンス整合

4.ミリ波アンテナ電極光変調器
 4.1 平面アンテナと光変調器の融合
 4.2 アレイ化による高機能化
 4.3 設計・試作実験
 4.4 高密度環境下での5G無線への応用

【質疑応答】