Home
->  8月開催 医薬系セミナー 

開発早期における説得力のある患者数・売上予測

8月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年7月 2日
 セミナー番号【908105】8/30 講師3名
★ 事業性評価に影響を与える薬価、患者数、シェア、成功確率の予測手法を解説!
★ 売上データが入手できない場合での確度の高い予測の実践!

開発早期における説得力のある患者数・売上予測


■ 講師
【第1部】  (株)社会情報サービス ニュープロダクト&カスタマーサービスグループ シニアアドバイザー(フォーキャスティング) 石橋 幸雄 氏
【第2部】 大日本住友製薬(株) オンコロジー学術企画部 部長 内堀 雅之 氏
【第3部】 ネクストイノベーションパートナーズ(株) 取締役副社長 岡 英二 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年8月30日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕


プログラム

【10:00~12:00】
【第1部】 事業性評価のための開発早期における売上予測

(株)社会情報サービス ニュープロダクト&カスタマーサービスグループ シニアアドバイザー(フォーキャスティング) 石橋 幸雄 氏

専門分野:製品価値評価

 
【講座主旨】
 R&Dプロジェクトの優先順位を付ける際に、事業性評価から得られる期待NPVを根拠として使用することが一般的におこなわれている。本講演では期待NPVを算出する上で重要な項目にフォーカスして、開発早期における売上予測の方法について説明する。

【講演内容】

1.期待NPVに影響を与える要素
  ・ 売上予測(価格、患者数、シェア)
  ・ コストと投資額
  ・ 成功確率

2.価格の予測
  ・ 価格に関する市場調査
  ・ ペイヤーの注目点

3.患者数の予測
  ・ 患者数データ
  ・ 市場調査による対象患者数の推定

4.シェアの予測
  ・ 開発品情報の調べ方
  ・ シェア予測の3要素
5.成功確率の考え方


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:45~14:45】
【第2部】 売上データが入手できない場合での開発早期での売上予測

大日本住友製薬(株) オンコロジー学術企画部 部長 内堀 雅之 氏

専門分野:マーケティング特にプレマーケティング 新製品企画

 
【講座主旨】
  売上予測の基本は的確な市場把握(市場予測)と当該製品の客観的なポテンシャルの評価である。開発早期(上市まで数年以上の期間を想定)にはそれらの情報を確実に得ることは困難であることは想像がつく。本講座では改めて売上予測の基本を見直すことにより「売上データが入手できない場合」の売上予測の方法論がん領域を例に考える。

【講座内容】

1.市場データが充実している一般的な薬剤の売上予測
 ① 各種セカンダリーデータの活用法
 ② 売上予測の実践

2.市場データが不足している場合の売上予測
 ① 活用可能なセカンダリーデータは?

3.データ不足を補う調査法=データがない場合の売上予測
 ① 必要とするデータの確定
 ② プライマリーデータの収集
 ③ 確度の高い売上予測を実践するには

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:00~17:00】
【第3部】 開発早期における薬価予測

ネクストイノベーションパートナーズ(株) 取締役副社長 岡 英二 氏

専門分野:医療用医薬品・医療機器の薬価基準制度・保険償還について

 
【講座主旨】
  薬価の希望書類作成に関してはより正確な情報が求められている。特に患者数に関して、算出の根拠が当然ながら必要となってくる。その算出の仕方についてきちんと理論的に説明をすることが重要である。その算出方法について具体例を用いながら解説をする。

【講演内容】

薬価基準収載希望書の記載を想定しながらお話させて頂きます。

① 推定適用患者数について
  ・適切な患者数について何を参考に作成すべきか

② 予測販売数根拠資料について
  ・実際の患者数の内自社製品が処方される割合を算出する際の考え方

③ データベースについて


【質疑応答】

講師略歴

●石橋 幸雄 氏
武田薬品工業株式会社で製品戦略部、営業戦略部等に所属。19年間にわたり製品価値評価の業務に携わる。


●内堀 雅之 氏
1980年 東京薬科大学卒
1980年 サンド薬品㈱MRとして入社 
1987年 同マーケティング部
1989年 同新製品企画部
1992年 ヤンセン協和㈱製品企画管理部
1993年 ストライカージャパン スパイン事業部
2001年 ノバルティスファーマ㈱がん免疫事業部
2008年 セルジーン㈱セールスマーケティング本部
2014年 大日本住友製薬㈱オンコロジー事業開発室
2015年 同オンコロジー学術企画室
2019年 同オンコロジー学術企画部

 

●岡 英二 氏
1998年3月 武蔵大学 経済学部 経済学科 卒業
1998年4月 日本モンサント(株)(現:ファイザー㈱) 入社
2000年12月 日本モンサント(株) 退社
2001年1月 アベンティスベーリング㈱ (現:CSLベーリング㈱) 入社
2016年1月 CSLベーリング㈱ 退社
2016年2月 ネクストイノベーションパートナーズ株式会社 入社