Home
->  8月開催 化学系セミナー  9月開催 化学系セミナー 

セルロースナノファイバーの表面改質、樹脂との複合化

8月開催 化学系セミナー  更新日:2019年7月 2日
 セミナー番号【909206】9/2 講師4名
★ CNFの形状・表面性状が、樹脂への分散性、樹脂特性にどう影響するのか?

セルロースナノファイバーの表面改質、樹脂との複合化


■ 講師
1.(株)三栄興業 研究開発室 チーフ 博士(工学) 佐々木 大輔 氏

2.京都工芸繊維大学 繊維学系 助教 博士(農学) 清水 美智子 氏

3.大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 博士(工学) 宇山 浩 氏

4.富山県立大学 客員教授 永田 員也 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年9月2日(月) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 60,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

   
※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00-11:30】

1.ポリプロピレンアイオノマーの合成、特徴とCNF複合材料への応用

(株)三栄興業 研究開発室 チーフ 博士(工学) 佐々木 大輔 氏

 
【習得できる知識】
・ポリプロピレンに関する一般的知識
・末端反応性ポリプロピレンの合成に関する知識
・ポリプロピレンアイオノマー合成とその特徴に関する知識

【講座趣旨】
ポリプロピレンの欠点・エチレン系アイオノマーの欠点を克服するべく開発されたポリプロピレンアイオノマーに関して、合成方法から物性を解説し、今後期待されるセルロースナノファイバー複合材料への応用を示す。


1.ポリプロピレンについて
 1.1 ポリプロピレンの特徴
 1.2 ポリプロピレン改質剤の現状
 1.3 ポリプロピレンの機能化
 1.4 両末端反応性ポリプロピレンの合成

2.精密熱分解について
 2.1 精密熱分解により得られる両末端二重結合ポリプロピレンの特徴
 2.2 両末端二重結合ポリプロピレンの生成メカニズム
 2.3 様々なポリオレフィンへの精密熱分解の応用
 2.4 廃ポリプロピレンの精密熱分解

3.両末端二重結合ポリプロピレンの応用
 3.1 両末端二重結合ポリプロピレンの官能基化
 3.2 両末端官能基化ポリプロピレンを用いたポリプロピレン系共重合体

4.ポリプロピレンアイオノマー
 4.1 ポリプロピレンアイオノマーの合成
 4.2 ポリプロピレンアイオノマーの特性
 4.3 ポリプロピレンアイオノマーのセルロースナノファイバー分散剤としての応用

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:10-13:40】

2.セルロースナノファイバーの表面改質と複合材料作製の検討

京都工芸繊維大学 繊維学系 助教 博士(農学) 清水 美智子 氏

 
【習得できる知識】
複合材料化を目的としたセルロースナノファイバーの選択肢の検討に必要な特性の理解を深める。

【講座の趣旨】
セルロースナノファイバーの表面改質法と複合材料化の検討について最新の研究結果を紹介する。


1.セルロースナノファイバー
 1.1 セルロース
 1.2 セルロースナノファイバー(CNF)の種類と特徴

2.CNFの表面改質
 2.1 CNFの表面改質方法
 2.2 TEMPO触媒酸化CNF
 2.3 TEMPO触媒酸化CNFの表面改質法
 2.4 TEMPO触媒酸化CNFのイオン交換による特性制御
 2.5 TMEPO触媒酸化CNFフィルムの特性

3.CNFを用いた複合材料
 3.1 CNF複合材料作製時の注意点
 3.2 CNF形状の評価
 3.3 CNF表面構造
 3.4 TEMPO触媒酸化CNFと酢酸セルロースの複合材料

4.まとめ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:50-15:20】

3.セルロースナノファイバーと汎用樹脂の混合・複合化技術

大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 博士(工学) 宇山 浩 氏

 
1.セルロースナノファイバーの作製技術と特性
 1.1 乾式粉砕
 1.2 湿式粉砕
 1.3 化学修飾

2.繊維と樹脂の複合化技術(基礎)

3.セルロースナノファイバーと樹脂の複合化
 3.1 汎用ポリオレフィンとの複合化
 3.2 バイオプラスチックとの複合化
 3.3 エラストマーとの複合化
 3.4 熱硬化性樹脂との複合化
 3.5 高分子ゲルとの複合化

4.セルロースナノファイバーを利用した複合材料の将来展望

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:30-17:00】

4.CNF/PPコンポジットの作製とその特性

富山県立大学 客員教授 永田 員也 氏

 
1.CNF/PPコンポジットの開発背景

2.セルロースナノファイバーの疎水化技術

3.ポリプロピレンとセルロースナノファイバーの複合化

4.CNF/PPコンポジットの成形加工性、材料特性評価

【質疑応答】