Home
->  7月開催 化学系セミナー 

工業「触媒」の最適化,長寿命化, 劣化原因の解析とその対策,触媒寿命の予測

7月開催 化学系セミナー  更新日:2019年6月 4日
 セミナー番号【907205】7/26 講師1名
★触媒の活性が高まる原因 , 活性が衰える原因 , 触媒再生のポイント
★実験室の触媒反応とプロセスレベルでの触媒反応の違い
★自動車,医薬品,化学材料,環境浄化・・・それぞれのケースに応じた工業触媒の選び方と使い方,
管理運用法も学びます!

工業「触媒」の最適化,長寿命化, 劣化原因の解析とその対策,触媒寿命の予測


■ 講 師

アイシーラボ 代表 室井 高城 氏


   【主な経歴】
     (元)BASFジャパン(株) 顧問
     (元)エヌ・イーケムキャット(株) 執行役員
     (元)触媒学会 副会長

■ 開催要領
日 時 :
2019年7月26日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜,昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


プログラム

【講座の趣旨】

  工業触媒の歴史は劣化との戦いであった。基本は原料の精製であるが, 触媒の調製により長寿命触媒の開発が可能である。さらに触媒層の設計により延命することもでき,工業触媒の再生技術も進歩している。触媒寿命の迅速試験も重要である。それらについて解説する。


【セミナープログラム】

1.工業触媒
  1.1 工業触媒の概要
  1.2 工業触媒の使用方法

2.工業触媒の最適化
  2.1 活性向上法
  2.2 選択性向上法
  2.3 工業触媒の寿命と劣化原因

3.触媒層の最適な設計
  3.1 最適触媒層の設計
  3.2 スケールアップの方法

4.活性劣化原因と劣化現象
  4.1 劣化原因
  4.2 劣化現象

5.触媒試験
  5.1 マイクロリアクターによる反応試験
  5.2 触媒の物性試験

6.劣化触媒の分析
  6.1 劣化原因の解析法
  6.2 劣化原因の究明

7.触媒の寿命予測
  7.1 触媒寿命の推定法
  7.2 迅速寿命試験

8.劣化対策
  8.1 前処理による劣化対策
  8.2 運転方法による劣化対策
  8.3 繰り返し使用方法又は触媒寿命の延命法

9.長寿命触媒の開発
  9.1 調製法による長寿命化
  9.2 合金化による長寿命化
  9.3 シンタリング防止
  9.4 最適担体による長寿命化
  9.5 担体との相互作用による長寿命化
  9.6 触媒の強度向上法

10.再生方法
  10.1 薬液洗浄
  10.2 水素ストリッピング
  10.3 カーボンバーン
  10.4 ゼオライト触媒の再生
  10.5 連続再生プロセス

【質疑応答・個別相談】