Home
->  7月開催 化学系セミナー  8月開催 化学系セミナー 

接着の基礎とメカニズム、正しい接着剤の選び方、使い方

7月開催 化学系セミナー  更新日:2019年6月 4日
 セミナー番号【908213】8/21 講師1名
★ 国際的な資格認定の導入に備えるために、何を学び、習得しなければならないのか?
接着の基本から再確認しておきたい"表面処理、信頼性評価"までやさしく解説します!

接着の基礎とメカニズム、正しい接着剤の選び方、使い方


~資格認定に向けた接着技術者、作業・管理者養成のための~

■ 講師
エーピーエス リサーチ 代表 若林 一民 氏

■ 開催要領
日 時 :
2019年8月21日(水) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


プログラム

1. 接着剤を使うメリットと接着のメカニズム
 1.1 接着・接着剤とは、その位置づけは
 1.2 接着の長所・短所
 1.3 接着理論の分解図
 1.4 ぬれと接触角、液体の表面張力
 1.5 接着の仕事
 1.6 溶解度パラメーターとは
 1.7 接着界面の強さ
 1.8 金属結合と水素結合
 1.9 接着剤と被着材面の分子同士の結合
(二次結合、ファン・デル・ワールス力)
 1.10 力学的な接着効果 (アンカー効果)
 1.11 接着の破壊とその評価

2. 接着剤の種類と特徴
 2.1 接着剤の分類
  1) 主成分による分類
  2) 接着強さによる分類と接着剤の特性
  3) 接着剤のコンセプトによる分類
  4) 機能性接着剤の種類

3. 被着材の性質と表面処理
 3.1 被着材の性質を知る・金属・プラスチック・ゴム・ガラス&セラミックス・木材
 3.2. 被着材の表面処理
  1) 表面処理の目的
  2) 被着材表面の異物
  3) 表面処理の工法
  4) 金属の表面処理
  5) プラスチックの表面処理
  6) プライマーによる表面処理
  7) ゴムの表面処理
  8) 表面処理効果の判定

4. 接着剤の選定方法と注意点~接着剤接合の設計~
 4.1 正しい接着剤の選び方
  1) 接着剤選定の基準
  2) 接着剤の使用目的を知る。
  3) 実用条件を知る。
  4) 法規制を知る。
  5) 接着作業の流れを知る。
  6) 接着作業 (塗布、乾燥、硬化)

 4.2 接着作業
  1) 接着作業のフローチャートと留意点
  2) 接着接合のトラブル発生要因
  3) 接着剤の塗布
  4) 接着剤の固化・硬化

 4.3 接着接合部の設計
  1) 接合部設計の基本
  2) 接合部にかかる応力の基本形
  3) 基本応力の特性
  4) せん断試験片の応力分布
  5) せん断試験片の板厚さ、ラップ長の影響
  6) 接着層厚さの影響 (スポットウエルドボンド)
  7) フィレットの効用
  8) 接合部設計上の注意

5. 接着の評価
 5.1 接着強さ試験方法
 5.2 標準的な接着試験片
 5.3 接着強さを低下させる要因
 5.4 接着剤の硬化物で測定される代表的特性
 5.5 接着・接着剤の信頼性評価
 5.6 耐久性試験一覧
 5.7 引張りせん断疲労試験
 5.8 くさび衝撃試験
 5.9 非破壊検査


【質疑応答】