Home
->  6月開催 化学系セミナー  7月開催 化学系セミナー 

流動層造粒など湿式造粒のメカニズム,装置運用,バインダーの使い方, スケールアップとその応用

6月開催 化学系セミナー  更新日:2019年5月 8日
 セミナー番号【907203】7/18 講師2名
★ 形状,流動性,乾燥度,造粒物の物性との関連性の把握 ,粘弾性制御のコツ
★ 食品,化粧品,医薬品,コーティング,電子材料など各種用途展開
★ムラ,粒子崩壊,閉塞などのトラブル例とその対策

流動層造粒など湿式造粒のメカニズム,装置運用,バインダーの使い方, スケールアップとその応用


■ 講 師

【第4部】

吉田技術士事務所 代表 技術士(機械部門) 吉田 照男 氏

【第4部】

大川原化工機(株) 開発部 部長 根本 源太郎 氏
■ 開催要領
日 時 :
2019年7月18日(木) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]日幸五反田ビル8F 技術情報協会セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜,昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


    ※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00~15:00 ※昼食休憩挟む】

第1部 流動層造粒をはじめとした 湿式造粒技術の基礎

●講師 吉田技術士事務所 代表 技術士(機械部門) 吉田 照男 氏

 
【講座の趣旨】

造粒方法には乾式もあるが運転条件や品質面で問題が多く実用例は極めて少ない。湿式造粒法の代表が押出造粒,流動造粒,攪拌造粒, 転動造粒,複合型流動造粒でこれらの特徴を解説する。 また流動造粒機の運転は粒子の成長に伴い風速を大きくする必要があるがその理解ができていない企業が多い粒子の成長とともに風速を管理する線図を実際の生産プラントでの検証例も踏まえて解説する。


【セミナープログラム】

1.造粒の目的の考え方
  食品,医薬品,飼料,肥料など業界別造粒の目的

2.造粒のメカニズム
  2.1 造粒品はどのようにして作られるか
  2.2 自足造粒機構と強制造粒機構

3.造粒機の特徴と運転管理およびトラブル事例と製品応用例
  3.1 主な造粒機の使用状況と適正
  3.2 押出造粒成形機:エクストルーダー,パスタ成形機
  3.3 攪拌造粒機:回分式造粒機と連続式造粒機
  3.4 流動造粒機:回分式造粒機と連続式造粒機
  3.5 複合型流動造粒機:代表的な複合型流動造粒機
  3.6 転動造粒機:回分式と連続式
  3.7 噴霧乾燥造粒機:回転円盤式噴霧方法,流動層内蔵型(噴霧乾燥機で流動造粒)           
  3.8 解砕造粒機:真空乾燥品や真空凍結乾燥品を砕く方法           

4.造粒プロセス関連技術
  4.1 原料,製品の貯蔵:吸湿や粉体圧による固結トラブル事例
  4.2 原料計量
  4.3 空気輸送:配管閉塞や吸湿によるトラブル事例 4.4 原料粉砕:トラブル事例
  4.5 原料混合・混練:成分偏析,嵩密度違いのトラブル
  4.6 造粒品乾燥:流動不良トラブル
  4.7 篩分工程:網の破損トラブル
  4.8 解砕工程:解砕条件の決め方
  
5.造粒機のスケールアップ
  5.1 スケールアップの考え方
  5.2 スケールアップの実施例

6.造粒のバインダー
  6.1 バインダーに要求される条件
  6.2 バインダー選定の考え方
  6.3 主なバインダー
  
7.造粒工程の環境管理
  7.1 造粒プロセスの温度・湿度管理
  7.2 造粒プロセスの空気清浄度・ゾーン管理
  
8.造粒プラントの粉体物性管理
  8.1 粉体物性測定方法 
  8.2 原料,製品の流動性
  8.3 製品顆粒の溶解性
  8.4 製品顆粒の顆粒強度測定法

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:15~17:00】

第2部 流動層造粒に関する装置とその構成,運用と応用

●講師 大川原化工機(株) 開発部 部長 根本 源太郎 氏

 
【セミナープログラム】

1.流動層造粒乾燥の基本原理
  1.1 流動層造粒の特長
  1.2 流動層造粒とその乾燥

2.流動層造粒の機器の構成について
  2.1 流動層について
  2.2 回転円盤
  2.3 ノズル
  2.4 その他

3.流動層造粒の計画
  3.1 流動層造粒の熱収支及び物質収支計算
  3.2 乾燥テストとその評価
  3.3 流動層造粒本体・付帯設備の検討

4.流動層造粒の運転操作
  4.1 製品粒子径のコントロール
  4.2 製品水分のコントロール
  4.3 製品嵩密度のコントロール
  4.4 トラブル対策

5.流動層造粒のスケールアップの考え方と問題点

6.流動層造粒の応用・関連技術
  6.1 食品,飲料
  6.2 医薬品
  6.3 化粧品
  6.4 各種工業製品,コーティング
  6.5 その他

【質疑応答】