Home
->  5月開催 その他セミナー 

経営、事業戦略に貢献する知的財産の"価値評価"と活用の仕方

5月開催 その他セミナー  更新日:2019年4月 2日
 セミナー番号【906503】6/11 講師2名
★知財価値、知財活動をどのように評価するか!
客観的で妥当性のある評価手法とその使い方を詳解します!

経営、事業戦略に貢献する知的財産の"価値評価"と活用の仕方


■ 講師
1.
大王製紙(株) 知的財産部 参与 萬 秀憲 氏

2. 中澤経営知財パートナー 代表 中澤 俊彦 氏
(元・キヤノン 理事 知的財産法務本部 副本部長)
■ 開催要領
日 時 :
2019年6月11日(火)10:00~16:45

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

<10:00~12:00>

【第1部】適正な知財コストの考え方と保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理の仕方

大王製紙(株) 知的財産部 参与 萬 秀憲 氏


【講演趣旨】
経営、事業戦略に貢献する知的財産活動を推進するには、技術などを秘匿または特許権などの独占的排他権を実施するクローズ・モデルの知財戦略に加え、他社に公開またはライセンスを行うオープン・モデルの知財戦略を取り入れ、自社利益拡大のために特許出願・権利化、権利の活用、権利の維持を、戦略的に行うことが重要となってきました。そのためには、知財価値、知財活動を評価する客観的で妥当性のある評価手法による知的財産の"価値評価"が必須です。 本講演では、適正な知財コストの考え方、特許出願・権利化戦略、保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理について紹介します。

【講演項目】
1.適正な知財コストの考え方
2.特許出願・権利化戦略
  2.1 発明の特許出願率
  2.2 特許の自社実施率
  2.3 グローバル出願率
  2.4 早期権利化率
  2.5 総合特許登録率
3.保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理
  3.1 自社における価値評価
  3.2 他社牽制効果の評価
  3.3 ライセンス可能性の評価
  3.4 評価のタイミング
  3.5 権利維持、放棄の基準
    (1)目標保有件数の設定
    (2)保有特許の群管理

-------------------------------------------------------------------------------------

<12:45~16:45>
【第2部】知的財産および知的財産活動の 経営上の貢献度評価

中澤経営知財パートナー 代表 中澤 俊彦 氏
(元・キヤノン 理事 知的財産法務本部 副本部長)


【講演趣旨】
知的財産活動は間違いなく経営に資する企業活動の 一つであるが、目に見える資産と異なり、その貢献度を見える化す るのは容易ではない。実際、我が社の知財活動は経営にどの程度 の効果をもたらしているのか、知財活動に使っている費用に見合う 効果を我が社は得ているのだろうかなどという疑問は数多く知財部 門に寄せられているが、回答に苦慮しているとの声が多いと聞く。 本セミナーでは知的財産及び知的財産活動の経営上の貢献度 について、幾つかの定性的および定量的な評価について紹介する。併せて、複数の主体で1つの事業を行う場合に、特許の事業に 対する各主体の相対的貢献度の評価手法の例についても紹介す る。

【講演項目】
1.知的財産の価値評価の基本的な考え方
2.知的財産活動による経営上の定性的な貢献
  2.1 自社の強みを見える化する役割
  2.2 ビジネスを創出させる役割
  2.3 知財による他社参入の排斥
  2.4 知財に裏付けられた価格プレミアム
  2.5 ビジネスモデルを実現・維持・発展させる役割
  2.6 ライセンス収入により収入を得る役割
  2.7 外部からの評価信頼を得て、共同開発や取引をする相手を掴む役割
  2.8 知財による連携での市場拡大
  2.9 社員がやる気を出し、組織が活性化する役割
  2.10 製造コストを低減する役割
3.競争力強化に役立つベースとなる個別特許の評価
  3.1 薬など一つの特許で製品が成り立つ特許の評価
  3.2 多数の特許で製品が成り立つ場合の特許の評価
    (1)標準必須特許SEPの貢献
    (2)守りの特許の貢献
    (3)代替技術による事業参入を防止する特許の貢献
    (4)事業の弱みの特許を解消する攻めの特許の貢献
4.ビジネスモデルに応じた知財の貢献度
5.知財のキャッシュフローに対する影響
6.第三者特許への対応活動による企業への貢献
7.定量的評価手法
 7.1 コストアプローチ
 7.2 マーケットアプローチ
 7.3 インカムアプローチ
 7.4 複数の主体で一つの事業を行う場合の各主体の特許の貢献度評価