Home
->  5月開催 化学系セミナー 

キャプトデイティブ効果を利用した新しい高分子合成手法

5月開催 化学系セミナー  更新日:2019年4月 2日
 セミナー番号【905215】5/27 講師1名
★ キャプトデイティブとは? どんなことができるのか?
高機能ポリマーをつくるための新しい考え方とその手法を第一人者が伝授します!

キャプトデイティブ効果を利用した新しい高分子合成手法


◎新しい重合制御法 ◎かさ高いモノマーの重合技術 ◎cd置換モノマー由来ポリマーの特性

■ 講師 徳島大学 名誉教授 工学博士 田中 均 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年5月27日(月) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


プログラム

【習得できる知識】
・キャプトデイティブの概念
・高機能ポリマーをつくるための新しい考え方と手法
・生物由来ポリマーの合成法
・最近の重合制御法
 

【講座趣旨】 
 キャプトデイティブの概念は、従来の重合反応の概念を変えただけでなく、材料合成の手法を飛躍的に進化させ、新しい高性能・高機能ポリマーを次々と生みだした。はじめてこの概念を導入した講師が基礎から応用までを解りやすく紹介する。


第1部 基礎
1.キャプトデイティブ(cd)置換の特徴
2.cd置換した様々な試薬
3.cd置換モノマーの合成
第2部 重合
1.アクリレート類
2.アクリロニトリル類
3.芳香族系モノマー
4.メタン類

第3部 cd置換試薬による重合
1.付加開裂連鎖移動剤
2.イニファータ
3.光・熱開始剤

第4部 精密重合
1.リビング重合の基本原理、種類と選択
2.立体特異性重合

第5部 高分子の機能・性能
1.熱特性
2.機械・電気特性
3.光学機能
4.ハイドロゲルなどの刺激応答性・凝集性

【質疑応答】