Home
->  4月開催 化学系セミナー 

ポリウレタンの 材料設計と分子構造・物性の制御

4月開催 化学系セミナー  更新日:2019年3月 6日
 セミナー番号【904215】4/24 講師1名
★ 難しい理論をわかりやすく"構造⇔物性"の関係をスッキリ説明!
好評のセミナーです!

ポリウレタンの 材料設計と分子構造・物性の制御


■ 講師
積水化学工業(株) 武蔵工場 耐火材料製造部 耐火材料開発課 博士(工学) 村山 智 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年4月24日(水) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


プログラム

第1部 ポリウレタンの基本
 1.ポリウレタンとはどんなポリマーか
 2.ポリウレタンの分類
 3.ポリウレタンの合成,製造
 4.ポリウレタンの原料
 5.ポリウレタンの分類
 5.1 形態による分類
 5.2 分子構造による分類

第2部 ポリウレタン原料の特徴と選定法
 1.イソシアネート
  1.1 イソシアネートとは
  1.2 イソシアネートの特徴
  1.3 イソシアネートの分類
  1.4 芳香族イソシアネート類
   1)MDI
   2)TDI
  1.5 脂肪族イソシアネート類
   1)HDI
   2)IPDI
   3)H12MDI
  1.6 その他のイソシアネート類
  1.7 イソシアネートの特性
   1)性状
   2)凝集力
  1.8 イソシアネートの合成・製造
  1.9 イソシアネートの反応
  1.10 イソシアネートの誘導体
   1)ウレタン・アロファネート
   2)ウレア・ビュレット
   3)イソシアヌレート(3量化)
   4)カルボジイミド・ウレトンイミン
   5)その他の誘導体
 2.ポリオール
  2.1 長鎖ポリオールの分類
   1)ポリエーテル
   2)ポリエステル
   3)ポリカーボネート
   4)その他のポリオール
  2.2 短鎖ポリオール
  2.3 アミン類
  2.4 ポリオールの種類とポリウレタンの物性
 3.触媒
  3.1 触媒の分類
   1)金属触媒
   2)アミン触媒
  3.2 触媒の機能

第3部 ポリウレタンの応用技術
 1.熱可塑性エラストマー(TPU)
 2.熱硬化性エラストマー(TSU)
 3.弾性シーラント
 4.弾性繊維
 5.ポッティング材
 6.人工皮革・合成皮革
 7.塗料
  7.1 塗料の設計
  7.2 塗料用イソシアネート硬化剤
 8.接着剤
 9.バインダー
 10.フォーム
  10.1 硬質フォーム
  10.2 軟質フォーム

第4部 ポリウレタンの分子構造と合成法
 1.ハードセグメントとソフトセグメント(一次構造)
 2.高次構造(相分離構造)
 3.合成法‐構造‐物性の関係
  1) ワンショット法造
  2) プレポリマー法と構造
 5.ポリオール鎖長と構造
 6.原料組成比と構造
 7.イソシアネートと分子設計

第5部 ポリウレタンの劣化と安定化
 1.劣化現象
  1.1 黄変
  1.2 強度低下
 2.熱劣化
 3.光劣化
 4.加水分解
 5.安定剤の場合
  5.1 光劣化の場合
  5.2 加水分解の場合

第6部 ポリウレタンの評価法
 1.FTIR ~組成解析、構造解析~
  ・イソシアネート
  ・ポリオール
  ・ ウレタン
  ・アロファネート
  ・イソシアヌレート
  ・ ウレトジオン
  ・カルボジイミド・ウレトンイミン
  ・ウレア
  ・ビウレット
 2.引張試験
 3.動的粘弾性
 4.その他

第7部 ポリウレタンの物性と機能
 1.力学的物性
 2.硬度・柔軟性
 3.接着性
 4.透明性
 5.耐加水分解性
 6.耐熱性・耐火性

【質疑応答】