Home
->  3月開催 その他セミナー  4月開催 その他セミナー 

自社保有技術を活用した宇宙ビジネスへの参入の仕方

3月開催 その他セミナー  更新日:2019年2月 6日
 セミナー番号【904501】4/5 講師1名
★自社の製品、サービスを宇宙ビジネスに活用するにはどうすればよいか!
 様々なビジネスモデル、その実現性、信頼性・品質のレベル、試験の方法、他社との組み方!

自社保有技術を活用した宇宙ビジネスへの参入の仕方


■ 講師
(株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 都市・地域経営戦略グループ 齊田 興哉 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年4月5日(金) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 :
1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム


【講演のポイント】
宇宙ビジネスは、従来からのロケット、人工衛星の製造・打ち上げに限定したビジネス以外にも多種多様なものが創出されてきています。その定義 を広義にとらえ、ロケット、人工衛星について直接的にも間接的にも関係するビジネスを宇宙ビジネスと捉えると従来、宇宙ビジネスに全く関係のなかった非宇 宙企業様にも参入に大きなチャンスがあると考えています。もちろん、課題も多く、容易なことではありませんが、企業様の"熱意"があれば日本の宇宙ビジネス は、大きく進化し発展していくものと考えています。この"熱意という表現は、多種多様な意味を包含しています。 本講演では、宇宙ビジネスの市場の概況と最新動向をお伝えします。その後、宇宙ビジネスに参入をお考えの企業様にとって、重要となる考え方、視点ま た、この"熱意"の意味をお伝えできればと考えています。

【講演項目】
1. はじめに

2. 日本と世界の宇宙産業
  2.1. 日本と世界の宇宙予算の比較
  2.2. 日本と世界の宇宙ビジネスの市場規模
  2.3. 衛星の打ち上げ機会の比較 など
  2.4. 日本の宇宙の法制度と支援策などの概要
  2.5. 投資分野について

3. Old Spaceの宇宙ビジネスの構造
  3.1. 大型ロケット
  3.2. 大型衛星
  3.3. 衛星データビジネス

4. New Spaceの宇宙ビジネスの最新事例
  4.1. 国内外のベンチャー企業の台頭
  4.2 輸送機 (ロケット等) 分野
     4.2.1 輸送機(ロケット等)分野の構造
     4.2.2 斬新なアイデアによる取組み
     4.2.3 コスト削減に係る取組み
     4.2.4 小型ロケットビジネス
     4.2.5 輸送機 (ロケット等) 射場ビジネス
  4.3 衛星分野
     4.3.1 小型衛星分野の構造
     4.3.2 小型衛星コンステレーションビジネス
     4.3.3 小型レーダ衛星ビジネス
     4.3.4 小型光学衛星ビジネス
     4.3.5 斬新なアイデアによる取組み
     4.3.6 小型衛星に係るサービスビジネス
     4.3.7 サプライチェーン変更ビジネス
  4.4 衛星データ利活用ビジネス
     4.4.1 衛星データ利活用ビジネスの構造
     4.4.2 宇宙×金融
     4.4.3 宇宙×街づくり
     4.4.4 宇宙×保険
     4.4.5 宇宙×再生可能エネルギー
     4.4.6 測位×自動車
     4.4.8 宇宙×観光
  4.5 宇宙旅行分野
     4.5.1 宇宙旅行サービス
     4.5.2 短時間海外渡航サービス
     4.5.3 宇宙ホテルサービス
     4.5.4 宇宙服アパレル事業
     4.5.5 宇宙食ビジネス
     4.5.6 宇宙港ビジネス
  4.6 惑星探査分野
     4.6.1 惑星資源探査ビジネス
  4.7 惑星移住分野
     4.7.1 惑星移住ビジネス

5. 宇宙ビジネス参入について
  5.1 はじめに
  5.2 宇宙ビジネスの参入の基本的な考え方・方針
  5.3 参入に際しての心構え
  5.4 参入領域を企業自体で決定することの重要性
  5.5 自社製品・サービスが宇宙ビジネスに活用可能かについて
  5.6 宇宙ビジネス参入に係る自社製品の試験や軌道上実証、実績
  5.7 宇宙ビジネスを検討するにあたっての将来の市場動向検討
  5.8 他産業のビジネスモデル模倣の重要性
  5.9 新規技術・サービスの開発と他社との連携のトレードオフについて
  5.10 実例を交えた宇宙ビジネスの課題など

6. まとめ

【質疑応答・個別質問・名刺交換】