Home
->  3月開催 医薬系セミナー  4月開催 医薬系セミナー 

外注先の品質指導・育成と不良品防止のための仕組み作り

3月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年2月 5日
 セミナー番号【904111】4/4 講師1名
☆ 協力会社に積極的な姿勢をいかに植え付けるか?品質レベル向上を促す有効な指導のコツ
☆ 泥臭いけど効果がある、現場レベルの改善のポイントとは?

外注先の品質指導・育成と不良品防止のための仕組み作り


~製造委託先、原料・資材サプライヤーなど~

■ 講師 QCD革新研究所 所長 中村茂弘 氏   (一社)日本能率協会 専任講師

■ 開催要領
日 時 :
平成31年4月4日(木) 10:00~17:00

会 場 :
[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム


【講座主旨】
グローバル化が進む中、協力会社と共に市場に製品を販売~提供する企業の品質確保は極めて重要です。ここに不祥事が発生すると企業存続にも大きな影響を及ぼす状況です。そこで、実務的に品質改善効果を挙げるため、協力会社側が積極的な活動を進める指導法を納入各社が紹介するセミナーです。

【講座内容】

1.サプライヤーによる品質問題と被害
 ①昨今社会問題を起こしたサプライヤー品質問題の影響
 ②品質問題を起こしたサプライヤーの解析
 ③品質管理は人質管理と言われる:チェック項目(倒産する会社が持つ共通項)
2.サプライヤー評価と連携の要点
 ①一般的なサプライヤー評価基準
 ②泥臭いが実務的なサプライヤーのレベル評価(5S活用)
 ③系列化と連携と指導法(事例:協力会社が自助努力で儲かる仕組み作りへ進む指導法)
3.自主的な品質向上活動への誘導法
 ①サプライヤーも当然知っておくべき「PL法」と内部統制
 ②ISO9001利用による連携の強化法
 ③泥臭いが両社にメリットあるインセンティブ契約

4.協力会社が身につけるべきスピード不良ゼロ対策法
 ①やってはいけない「死亡診断品質対策懐疑対策法」
 ②再発防止に必須な1問題、1原因、1対策、不良完全撲滅法
 ③不良の発生予防にフル活用すべきハインリッヒの法則 × QATAT対策
 ④ヒューマンエラー撲滅指導要件(演習)
 ⑤OnDeCo活用自主研修の効果
5.不良発生予防のための監査と指導の実務
 ①簡単容易で有効な「3点監査法」運用の実務
 ②標準化順守に有効なISO9001の実務的活用法
6.まとめ
【質疑応答】