Home
->  3月開催 化学系セミナー  4月開催 化学系セミナー 

プラスック,フィルム,容器包装材における 電子線滅菌・殺菌の考え方,設備運用,応用

3月開催 化学系セミナー  更新日:2019年2月 5日
 セミナー番号【904202】4/10 講師3名
★ 装置運用時の注意点,作業員安全性の考え方,滅菌・殺菌度合いの評価方法
★ 新しい市場の可能性,製薬・食品など各業界での規格・基準とその対応

プラスック,フィルム,容器包装材における 電子線滅菌・殺菌の考え方,設備運用,応用


■ 講 師
【第1部】
住重アテックス(株) 新規事業室 主席技師  山瀬 豊 氏

【第2部】

アイエレクトロンビーム(株) 代表取締役  木下 忍 氏

【第3部】

渋谷工業(株) 専務取締役 開発本部長  中 俊明 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成31年4月10日(水) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税抜,昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕

〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

    ※定員になり次第、お申込みは締切となります。
■ プログラム
【10:00~13:00】

第1部 包装容器,試験器材,医療機器等 の電子線殺菌・滅菌について

●講師 住重アテックス(株) 新規事業室 主席技師  山瀬 豊 氏

 
【セミナープログラム】

1.電子線滅菌の基礎 
  ・電子線とは
  ・殺菌,滅菌とは
  ・微生物の測定方法
  ・無菌性保証とは
  ・滅菌バリデーション
  ・微生物の電子線抵抗性
  ・殺菌・滅菌の検証方法

2.中高エネルギー電子線 殺菌・滅菌について
  ・電子加速器,照射設備について
  ・特徴 (長所,短所)
  ・利用動向
  ・具体的事例(医薬品容器,医療機器等)
  ・照射条件の設定方法,試験検証方法(バリデーション)
  ・線量測定方法  
  ・留意点
  ・今後の展望

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:45~15:15】

第2部 低エネルギー型電子線滅菌(装置) とその応用

●講師  アイエレクトロンビーム(株) 代表取締役  木下 忍 氏

 
【講座の趣旨】

近年,食の安全や環境対策が必須となっていますが,その処理の1つに電子線滅菌が挙げられます。特に低エネルギー型EB装置は,コンパクトでインライン処理に有効で進化してきています。本講座では基礎から応用まで分かりやすく解説します。


【セミナープログラム】

1.電子線(EB)の基礎
  1.1 EBとは
  1.2 EBの発生メカニズムと装置
  1.3 低エネルギーEB装置の特徴
  1.4 法的規制について

2.EBの物質への作用について
  2.1 物質に入ったEBの振舞
  2.2 放射線化学反応
  2.3 エネルギーの考え方と計測について
  2.4 EB(放射線)による滅菌のメカニズム <UV殺菌との比較>

3.EB滅菌の事例
  3.1 各種微生物へのD値について
  3.2 実測例
  3.3 応用例

4.その他
  色々な反応と応用例など

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:30~17:00】

第3部 電子線滅菌とその応用技術について

●講師  渋谷工業(株) 専務取締役 開発本部長  中 俊明 氏

 
【セミナープログラム】

1.飲料用PETボトルの電子線滅菌技術とその事例紹介
  1.1 ボトリングラインと無菌充填システム
  1.2 EB滅菌方式無菌充填システム

2 技術課題とその克服に向けて
  2.1 EB照射環境の制御
  2.2 EB照射と環境滅菌
  2.3 ボトル全面へのEB照射と安定した搬送機構
  2.4 EB滅菌の殺菌効果と検証
  2.5 EB照射効率向上のための偏向技術
  2.6 静電・帯電現象と緩和技術
  2.7 製品への安全性評価  
  2.8 作業環境の安全性評価  
  2.9 耐久性能の向上技術

【質疑応答】