Home
->  3月開催 電気系セミナー  4月開催 電気系セミナー 

自動車電装部材の開発と応用展開

3月開催 電気系セミナー  更新日:2019年2月 5日
 セミナー番号【904407】4/10 講師3名
★「つながるクルマ」に必要な材料の要求特性とは?

自動車電装部材の開発と応用展開


≪コネクテッドカー・自動運転に向けた≫

■ 講師 1. 出光興産(株) 機能化学品部 SPS課 営業主任 佐藤 信行 氏 2. JX 金属(株) 電材加工事業本部 機能材料事業部 市場開発部 前田 直文 氏 3. (株)クラレ ジェネスタ事業部 開発部 金井 詩門 氏 ■ 開催要領 日 時 : 平成31年4月10日(水) 10:30~16:30

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき55,000円(消費税抜き・昼食・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

< 10:30~12:10>

1.自動車電装部品におけるシンジオタクチックポリスチレン(SPS)の特長と用途事例
出光興産(株) 佐藤 信行 氏

 
【講演要旨】
  「ザレック」(SPS樹脂)は出光興産が製造、開発、販売を手掛ける耐熱エンプラです。
  低比重や耐薬品性、耐熱性、電気特性、良成形性などにより車載電装部品用途から日用品まで幅広くご採用が広がっています。
  特に車載用途に関しては、高度化する電子制御や自動運転、コネクテッドなどの分野でザレックの特性がますます活かせるものと期待しており、本講演にて解説致します。

1.SPSとは
2.SPSの特長と用途事例
3.グレードラインナップ
4.基本物性
5.成形条件
6.用途事例まとめ

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<13:00~14:40>

2.自動車の電装化に対応した車載コネクタ用高機能銅合金とミリ波レーダー用圧延銅箔の技術動向

JX 金属(株) 前田 直文 氏

 
1.はじめに
2.自動車の電装化進展
 2.1 センサー・ECUの増加
 2.2 車載電子部品の搭載環境
3.車載コネクタ用材料に求められる特性
 3.1 強度と曲げ加工性
 3.2 耐疲労特性
 3.3 耐応力緩和特性
 3.4 導電性
4.コネクタ用銅合金の強化機構と当社開発合金

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<14:50~16:30>

3.耐熱性ポリアミド<ジェネスタ>の特性紹介と自動車部材への応用

(株)クラレ 金井 詩門 氏

 

【講演要旨】
 <ジェネスタ>は、クラレが世界で唯一工業化したPA9T樹脂で原料モノマーから自社開発したポリアミド系スーパーエンジニアリングプラスチックです。
優れた耐熱性、低吸水性、耐薬品性、繰り返し摩擦に耐えられる摩耗特性などを有した材料で、本講演では、これらの特性を他材料と比較しながら、
自動車部材への展開について各種事例とともに紹介していく。

1.耐熱性ポリアミド
 1.1 エンジニアリングプラスチック開発の歴史
 1.2 耐熱性ポリアミドの設計思想
 1.3 半芳香族ポリアミドの炭素数と融点
 1.4 耐熱性ポリアミドの化学構造
2.耐熱性ポリアミドPA9Tの特徴と各種物性
 2.1 PA9Tの生産工程
 2.2 <ジェネスタ>の銘柄構成と用途例
 2.3 PA9Tの特徴と各種物性(高温物性、低吸水、耐薬品性等)

3.<ジェネスタ>の市場展開
 3.1 <ジェネスタ>の市場展開の歩み
 3.2 市場トレンドと<ジェネスタ>の市場展開
 3.3 車載関連用途の採用事例
 3.4 現場ニーズと耐熱性ポリアミドの開発動向

【質疑応答・名刺交換】