Home
->  2月開催 医薬系セミナー 

欧米先進主要国の医療保険・薬価制度の概要と最新動向

2月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年1月 8日
 セミナー番号【902115】2/26 講師1名
☆ 種類が多くとっつきにくい海外の制度を、初心者のために分かり易く解説!
☆ 海外で保険償還の推奨を得るためのポイントとは?押さえておくべきポイントが整理できる!

欧米先進主要国の医療保険・薬価制度の概要と最新動向


-アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス-

※受付は終了しております。 ■ 講師 (有)オフィス・メディサーチ 代表 松原 喜代吉 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年2月26日(火) 10:00~17:00

会 場 :
[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)〕


※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【講座主旨】
欧米先進主要4か国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス)における医療保険・薬価制度の概要と価格戦略のポイントについて、最新の制度改正の内容等も交えながら分かりやすく解説する。

【講座内容】

1.アメリカ
 ・医療保険制度(民間保険、メディケア、メディケイド)の概要
 ・薬価設定方法(新薬・ジェネリック薬)
 ・様々な医薬品の価格と実勢価格の水準
 ・薬剤の保険償還システム(民間保険、メディケア、メディケイド)
 ・マネージドケアの概略とその対応(薬剤費抑制策、フォーミュラリなど)
 ・オバマヘルスケア改革とトランプ新政権による修正・廃止に向けた動き
 ・最近の動向(バイオシミラーの承認状況、トランプ政権下での薬価引き下げ政策の動向など)

2.イギリス
 ・医療保険制度(NHS)の概要
 ・薬価設定方法(新薬・ジェネリック薬)
 ・医薬品の価格リスト
 ・薬剤の保険償還システム(薬局・病院)とその実際
 ・NICEによる経済評価(HTA)の動向
 ・患者アクセス促進スキーム(PAS)の概要と最近の動向
 ・医薬品政策の最近の動向(新PPRS、抗がん剤基金の動向など)
3.ドイツ
 ・医療保険制度の概要
 ・薬価制度(参照価格制度、新薬とジェネリック薬の薬価設定方法)
 ・医薬品の価格リスト
 ・医薬品企業への強制リベート制度の動向
 ・薬剤の保険償還システムと保険償還の実際
 ・医薬品新秩序法に基づく早期有用性評価の概要とその後の動向
 ・企業と公的医療保険中央連合会の価格交渉の実際
4.フランス
 ・医療保険制度の概要
 ・保険給付方式
 ・薬価制度(薬価の決定方法とそのプロセス、新薬とジェネリック薬の公定薬価設定方法、参照価格制度TFR)
 ・医薬品の価格リスト
 ・薬剤の保険償還システムと保険償還の実際
 ・医薬品政策の最近の動向(代替調剤目標、HASの医療経済評価など)
5.欧米主要国における価格戦略の基本的な考え方(まとめ)

【質疑応答】