Home
->  2月開催 医薬系セミナー  3月開催 医薬系セミナー 

口臭のメカニズム・成分計測と口臭ケア製品の評価

2月開催 医薬系セミナー  更新日:2019年1月 8日
 セミナー番号【903103】3/11 講師3名
★ 口臭治療のプロが語る  "機械的"、 "化学的"、 "生物学的" な口臭ケアとは?
★「安定性」、 「処方設計」、 「使用感」 など、口臭ケア製剤開発のポイントとは?

口臭のメカニズム・成分計測と口臭ケア製品の評価


■ 講師
【第1部】  東京歯科大学 保存修復学講座 准教授/千葉歯科医療センター総合診療科・口臭外来 亀山敦史 氏
【第2部】 アース製薬株(株) 研究部 主任研究員 土居史人 氏
【第3部】 大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 客員教授 大松 繁 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成31年3月11日(月)10:00~16:30

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕


プログラム

【10:00~11:30】
【第1部】 口臭の発生メカニズムとその予防法

東京歯科大学 保存修復学講座 准教授/千葉歯科医療センター総合診療科・口臭外来 亀山敦史 氏
 

 

【講座主旨】
 う蝕(むし歯)や歯周病,歯列不正(歯ならびの異常)とは異なり,口臭は視覚的に捉えることができないだけでなく,自分の嗅覚で感じ取ることも困難である.そのため,実際の口臭の有無や程度に関係なく,ただ不安感だけが大きくなる.今回は,口臭不安を抱える患者に対するアプローチの実際について紹介する予定である.


【講演内容】

1.口臭とは?口臭症とは?
 1)日本口臭学会の定める「口臭」の定義
 2)日本口臭学会の定める「口臭症」の定義

2.口臭の発生メカニズム

3.口臭に悩む患者の特徴
 1)口臭外来受診患者の動向
 2)口臭外来受診患者の傾向

4.口臭外来での医療面接と検査
 1)口臭外来における医療面接
 2)口臭外来で使用する検査機器

5.口臭治療の実際
 1)口臭を認める患者へのアプローチ
 2)口臭を認めない患者へのアプローチ

6.口臭予防のためのセルフケア
 1)機械的な口臭ケア
 2)化学的な口臭ケア
 3)生物学的な口臭ケア


【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:30~14:00】
【第2部】 口臭ケア製品の開発とその評価

アース製薬(株) 研究部 主任研究員 土居史人 氏

 

【講座主旨】
 近年、様々な"におい"に対する人々の意識は高くなっており、中でも口臭は、多くの人が抱える悩みの一つになっています。これら口臭のケアを目的として、様々な製品が開発されてきました。本講座では、製剤開発の視点から、様々な要因で発生する口臭への対策と、その評価法などについて概説します。

【講演内容】

1.口臭ケアとは
 ① 口臭ケアの意義
 ② 日用品に求められる機能

2.口臭ケアのためのアプローチ
 ① 口腔清掃による口臭の予防
 ② 口臭の原因となる口腔微生物の制御
 ③ 口臭成分のマスキング技術

3.口臭ケアを目的とした製剤の開発
 ① 口臭ケア製剤の主な分類
 ② 処方設計による効果の違い
 ③ 口臭ケア素材と製剤の安定性
 ④ 使用感の向上

4.製品の評価法
 ① 口臭成分の測定
 ② 官能評価

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:15~16:30】
【第3部】 匂いセンサを用いた口臭成分の計測と識別

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 客員教授 大松 繁 氏

 
【講座主旨】
 5感情報のなかで、嗅覚に関する工学的研究は発展途上の感が強い。本講義は匂い計測の原理および匂いセンサによる匂い計測と匂い識別法について述べ、筆者らがコニカミノルタ(株)BICとの共同で開発したKunkun bodyの概要について述べる。これらの研究成果が、新たな製品開発のヒントとなれば幸いです。

【講演内容】

匂い計測と匂い識別に関して以下の要領で講義する。

1.匂いセンサの原理
 ① 半導体ガスセンサ
   信頼性および市場で購入可能なセンサであり、広く使用されている半導体ガスセンサの原理について述べる。
 ② QCMセンサ
   QCMのバラツキなどで少し問題が有るが、原理は簡単であり、多種類の問題に適用可能である。

2.匂い識別に関する研究
 ① 匂いデータの前処理
   雑音除去手法について述べる。
 ② 匂い計測データ
   匂い計測データの取得法について述べる。
 ③ 匂い特徴量
   ニューラルネットワークによる匂い識別法について述べる。
 ④ 匂い識別結果
   ニューラルネットワークによる匂い識別結果の精度について述べる。

3.匂い情報処理の今後の展開
 ① 匂い通信
   匂いの基本要素を抽出しそれを送信する原理について述べる
  ② 匂い合成
   匂い合成法の原理について述べる。

 


【質疑応答】

講師略歴

●亀山敦史 氏
平成9年3月 東京歯科大学 卒業
平成13年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科博士課程修了(歯科保存学専攻)
博士(歯学)の学位受領(東京歯科大学)
平成13年4月 東京歯科大学 助手
平成15年3月 東京歯科大学 講師
平成15年5月 医療法人亀山歯科医院(大分県別府市)副院長
平成18年4月 東京歯科大学に復職,助手
平成20年4月 東京歯科大学 講師
平成22年3月 ベルギー王国立ルーヴェン・カトリック大学 客員研究員
平成24年8月 東京歯科大学 准教授
●土居史人 氏
2006年神戸大学大学院 自然科学研究科 修士課程修了
現在、アース製薬㈱ 研究開発本部 研究部
●大松 繁 氏
1974年3月 大阪府立大学大学院工学研究科電子工学専攻 修了 工学博士
1974年6月 徳島大学工学部情報工学科 助手
1988年6月 同教授
2010年3月 同名誉教授
2010年4月 大阪工業大学勤務 現在に至る。