Home
->  2月開催 電気系セミナー  3月開催 電気系セミナー 

樹脂・金属の接着・接合技術とその評価

2月開催 電気系セミナー  更新日:2019年1月 8日
 セミナー番号【903407】3/12 講師3名
★接着のメカニズムと表面を評価する手法とは?母材破壊強度まで維持するには?

樹脂・金属の接着・接合技術とその評価


■ 講師
1. 拓植大学 工学部 准教授 博士(工学) 森 きよみ 氏
2. 大成プラス(株) 執行役員副社長 板橋 雅巳 氏
3. (株)FUJI ロボットソリューション事業本部 技術開発部 第3課 神藤 高広 氏
■ 開催要領
日 時 :
平成31年3月12日(火) 10:30~16:30

会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 : 1名につき55,000円(消費税抜き・昼食・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

< 10:30~12:00>

1.樹脂-金属の接着のメカニズムと残留応力について

拓植大学 森 きよみ 氏

 
【講演ポイント】
 樹脂系の接着剤(エポキシ系接着剤、アクリル系接着剤)や,セラミック系接着剤を用いて金属を接着した場合に生じる応力分布について,
解析のみならず,実験結果も含め,強度設計の立場から力学的な諸問題をわかりやすく解説します。

1.接着に関わる諸因子
 1.1 温度の影響 ~常温から1000℃まで使える接着は可能か~
 1.2 金属の種類による接着性の違い ~つけたいものは何でできている?~

2.樹脂-金属の接着のメカニズム
 2.1 どのように剥がれるのか。
 2.2 どうすれば剥がれにくくなるのか。

3.接着にかかわる表面、界面
 3.1 接着接合部の破壊形態の種類
 3.2 接着接合部の表面と破断面の微視的観察

4.接着強度の試験法

5..強度設計のための応力解析のポイント
 5.1 接着継手の力学的評価
 5.2 応力解析に必要な物性値の測定技術
 5.3 応力解析の手法と具体例
 5.4 壊れないための強度設計法と応用事例

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<13:00~14:40>

2.ナノモールディングテクノロジーによる 金属/樹脂,金属/CFRPの高強度接合技術

大成プラス(株) 板橋 雅巳 氏

 
【講演ポイント】
 移動機械分野では、軽量化ニーズの高まりから、さまざまな素材を適材適所に使うマルチマテリアル化が進んでおり、 異種材料間での接合技術が重要になっている。今回は弊社の、金属・樹脂の異種材料接合NMT及びその派生技術NATについて紹介すると共に、 技術の特性評価試験方法に関する国際標準化事例を紹介させて頂く。

1.金属/樹脂 射出接合技術:NMTとは
 1.1 NMT技術概要説明
 1.2 NMT製品事例/将来展望

2.金属/樹脂(CFRP/CFRTP)接合技術:NATとは
 2.1 NAT技術概要説明
 2.2 現在の試作開発状況報告

3.国際標準化動向
 3.1 金属/樹脂接合技術の特性評価試験方法
 3.2 金属/CFR(T)P接合技術の特性評価試験方法

【質疑応答・名刺交換】
-------------------------------------------------------------------------------------

<14:50~16:30>

3.大気圧プラズマによる樹脂・金属の表面改質技術と接着・接合性の向上について

(株)FUJI 神藤 高広 氏

 

【講演ポイント】
 本講演では、大気圧プラズマによる熱可塑性樹脂や金属表面の改質原理から、活用方法、各種材料への効果事例を動画やデータを交えわかりやすく紹介します。 プラズマによる表面改質技術は、ものづくりの品質向上、コストダウン、作業環境の改善も実現します。

1.プラズマとは
2.プラズマで何ができる?
3.Tough Plasma の処理効果事例
4.Tough Plasmaの活用方法
5.プラズマ効果の評価方法について
6.大気圧プラズマ装置の使用上の注意事項
7.大気圧プラズマ装置の導入方法
8.Tough Plasmaの紹介

 

【質疑応答・名刺交換】

 
  接着 接合 表面処理 セミナー