Home
->  2月開催 電気系セミナー  3月開催 電気系セミナー 

紙の構造、物性とその評価

2月開催 電気系セミナー  更新日:2019年1月 7日
 セミナー番号【903403】3/18 講師1名
★「脱プラスチック」の動きが拡大、代替品開発は新たなビジネスチャンスに!
紙を理解する上で重要な物性とそれを左右する構造について分かりやすく解説

紙の構造、物性とその評価


-基本知識の理解と研究動向、応用展望-

■ 講師 京都大学 大学院農学研究科 森林科学専攻 紙材料科学研究室 研究員 農学博士 山内 龍男 氏

■ 開催要領
日 時 : 平成31年3月18日(月) 10:00~17:00
会 場 : [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕

    ※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【講座概要】
現在我々の周囲に身近にある材料は、鉄やアルミ等の金属類、ガラスを主とする無機材料、紙およびプラスチック有機材料であり、その中で紙は鉄などの金属よりは新しいが、プラスチックよりは格段に古い、約二千年の歴史のある材料である。ただ蒸気機関に始まるエネルギー革命に追随する形で、近代的な製紙産業になったのは約150年前であり、期を同じくして、地球温暖化が始まったとも言える。すなわちエネルギー革命および地球温暖化は石炭、石油、天然ガス等の地球に埋没した炭素資源を利用するために生じたのであるが、今後地球温暖化を止めるあるいは遅らせるためには、地球上で循環している炭素資源である木材を上手く利用することが肝要になる。そのため、昨今、マイクロプラスチック問題もあることから、紙は地球に優しい材料として見直され、あるいはむしろその利用が増大する可能性もある。紙は、かつて情報媒体としての利用が大半であったが、通販の利用が増えたこともあり、最近は包装用途が最も大きい。さらに紙の多孔性を利用した用途の拡大も考えられる。ここでは紙の主原料であるパルプを含め、紙材料の基礎を幅広く説明する。


1.はじめに
 1.1 紙の歴史と変遷
 1.2 紙パルプ産業の特徴、現状と展望

2.紙の原料
 2.1 紙の原料になる木材
 2.2 木材を構成する化学成分

3.パルプとその漂白
 3.1 機械パルプ
 3.2 化学パルプ
 3.3 リサイクルパルプ
 3.4 漂白

4.抄紙
 4.1 紙層形成過程の観察
 4.2 紙料調成
  4.2.1 叩解
  4.2.2 調成時に添加する物
 4.3 紙加工

5.紙の構造
 5.1 紙構造の3次元観察
 5.2 顔料塗工紙の観察
 5.3 紙の構造を表す基礎的数値(坪量、厚さ、密度)
 5.4 紙構造の不均一性
 5.5 紙の厚さとその測定法
 5.6 紙表面構造(粗さ)とその測定法
 5.7 紙の空隙構造とその測定法

6.紙の物性
 6.1 光学的性質
 6.2 紙面方向での力学的性質
 6.3 常用力学試験
 6.4 単繊維強度
 6.5 水分(相対湿度)の影響
 6.6 厚さ方向の力学挙動
  6.6.1 圧縮性
  6.6.2 厚さ方向の強度
  6.6.3 剥離試験
 6.7 その他紙の使用において重要な物性
  6.7.1 紙のこし(こわさ)
  6.7.2 紙の摩擦

7.おわりに


【質疑応答・個別質問・名刺交換】