Home
->  1月開催 医薬系セミナー 

ヒューマンエラー防止への上手な教育方法と良い環境づくり


1月開催 医薬系セミナー  更新日:2018年12月 4日
 セミナー番号【901124】1/29 講師2名
★ モチベーションが低い、人間関係が良くない、風通しが悪い、、、等への具体的対策案とは

ヒューマンエラー防止への上手な教育方法と良い環境づくり



~多様な作業者や様々な職場の雰囲気に合わせた対策のヒント~

■ 講師 (株)SMC 代表取締役 松田龍太郎 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年1月31日(木)10:00~17:00

会 場 :
[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 :
1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

不良や手直しがなくならない理由は、ヒューマンエラーが発生する源を対策していないからです。これを撲滅するには、ツールや手法だけでなく、工場の経営者やマネージャーのマネジメント力が重要となってきます。今回は、参加の皆さんからも日ごろの悩みを共有化しながら泥臭い内容もあの手この手奥の手などを使って、一緒ン考えながらお悩み解消のヒントを提供できればと考えています。


【講演項目】
1.皆さんからのヒューマンエラーの悩みを 付箋に書いてもらい共有化します
  1-1.集計をして軽くグルーピングして整理します
  1-2.ヒューマンエラーの身近な事例を
          初回氏相互理解を深めてセミナーに入ります
  1-3.空気が見えないように、大切なものは
    見えないものですが、あるヒントで見えるようになります
2.ヒューマンエラーの発生するしくみ
  2-1.ヒューマンエラーの99%は
    たわいもないことだった。だから改善ができるのです
  2-2.ハインリッヒの法則から逆のハインリッヒの法則を考えてみる
  2-3.ヒヤリハットは、貴重な改善のお宝です。
       事故にならなかったのは紙一重、即改善しよう
  2-4.知っているのと知らないのは
       雲泥の差、ちょっとしたことで1/6、1/100に!
3.安全で安心してしかも楽に働きやすい職場はどうやって作るのか?
  3-1.作業環境の整備と多様な作業者への対応と巻き込み方
  3-2.職場の雰囲気を変える
      具体的な挨拶とコミュニケーションの取り方
  3-3.他責人間から自責人間に変身させる方法とは?
  3-4.社員をもっと活かす方法は、教えるのではなく
              きづかせることとその方法
  3-5.上司がその職場の規律を作り、
        彼らに責任と権限を少しずつ与えながら任せていく
  3-6.新しいマネジメントのやり方とは?
4.すぐにできるポカヨケの事例紹介
  4-1.松田式3S活動の紹介、
    整理(時間軸で区分)→清掃(不具合を発見し再発防止) →整列し整頓し表示標識
  4-2.具体的な事例紹介で、すぐに職場でも横展開しよう

【質疑応答】