Home
->  1月開催 化学系セミナー 

航空宇宙分野における樹脂および炭素繊維複合材料の設計,採用,信頼性評価

1月開催 化学系セミナー  更新日:2018年12月 3日
 セミナー番号【901202】1/15 講師5名
★ 航空機材料の耐雷性,強度と軽量化の両立など / 宇宙機材料の耐放射線性 ,
過酷な耐熱性やヒートサイクル耐性など
★ 気泡の有無 ,組成や繊維配向 のバラつきの有無 ,熱的特性・電気的特性 ・・・
航空機メーカーや宇宙機の要求特性とは?

航空宇宙分野における樹脂および炭素繊維複合材料の設計,採用,信頼性評価


■ 講 師

【第1部】

 
ダイセル・エボニック(株) テクニカルセンター 所長 博士(理学),技術士(化学部門) 六田 充輝 氏
【第2部】
東レ(株) 電子情報材料研究所 リサーチフェロー 博士(工学) 富川 真佐夫 氏

【第3部】

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 主任研究開発員 博士(工学) 石田 雄一 氏

【第4部】

東北大学 大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 准教授 博士(学術) 山本 剛 氏

【第5部】

金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター 研究員 中島 正憲 氏
      (元・富士重工業(株) 航空宇宙カンパニー)
■ 開催要領
日 時 :
平成31年1月15日(火) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜,昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

    ※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00~11:10】

第1部 各種エンプラ,PEEK樹脂および, それらを用いた炭素系繊維複合材料 における航空宇宙分野での応用

●講師 ダイセル・エボニック(株) テクニカルセンター 所長 博士(理学),技術士(化学部門) 六田 充輝 氏

 
【セミナープログラム】

1.PEEK樹脂やナイロン樹脂などの航空宇宙分野で使われるエンプラの種類,構造や特性について

2.PEEKによる機内アプリケーション(防災の観点からのもの)

3.PEEKによる金属代替アプリケーション(軽量化,対雷仕様など)

4.ナイロンパウダーによる炭素性複合材料の補強技術

5.高機能発泡体ロハセルによる炭素性複合材料の軽量化と航空機分野での応用

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【11:20~12:30】

第2部 ポリイミドの電子材料と 航空宇宙分野への可能性

●講師 東レ(株) 電子情報材料研究所 リサーチフェロー 博士(工学) 富川 真佐夫 氏

 
【セミナープログラム】

1.ポリイミドの耐熱性

2.ポリイミドの耐放射線性

3.ポリイミドの耐候性

4.ポリイミドの接着性

5.ポリイミド系材料の靱性向上

6.半導体の放射線の影響と耐性向上策

7.半導体の高信頼化に向けた材料開発

8.高周波通信に向けた材料開発

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:10~14:20】

第3部 耐熱高分子マトリックス複合材料 (耐熱CFRP)航空宇宙分野での応用

●講師 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 主任研究開発員 博士(工学) 石田 雄一 氏

 
【セミナープログラム】

1.複合材料用マトリックス樹脂の分子設計

2.ビスマレイミドCFRP

3.熱硬化性ポリイミドCFRP
  3.1 プリプレグ/オートクレーブ成形用ポリイミド
  3.2 RTM成形用ポリイミド

4.熱可塑性ポリイミドCFRP

5.まとめ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【14:30~15:40】

第4部 航空機構造用炭素繊維複合材料(CFRP)の引張強度評価

●講師 東北大学 大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 准教授 博士(学術) 山本 剛 氏

 
【セミナープログラム】

1.航空宇宙分野における炭素繊維複合材料の利用

2.炭素繊維の強度分布

3.樹脂物性に着目した一方向材の引張強度予測
   ・フラグメンテーション法による繊維破断挙動の評価
   ・強度予測結果と実験結果の比較

4.まとめ

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:50~17:00】

第5部 航空宇宙分野における複合材料と その評価試験(材料強度試験,耐久性試験等)

●講師 金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター 研究員 中島 正憲 氏
      (元・富士重工業(株) 航空宇宙カンパニー)

 
【講座の趣旨】

航空宇宙分野で使用されている複合材料の概要及び各種評価方法,ポイント,評価手法の規格を解説する。また,機体に適用されるまでの流れを簡単に解説する。


【セミナープログラム】

1.航空宇宙分野に用いられる樹脂系複合材料について
   1.1 強化繊維
   1.2 マトリックス樹脂
   1.3 代表的な複合材料部品の製造プロセス

2.樹脂系複合材が適用されている航空宇宙分野での部位と使用形態
   2.1 複合材料適用の歴史
   2.2 複合材料の適用事例
   2.3 複合材料の将来的な可能性

3.航空宇宙分野で用いられる樹脂系複合材部品の検査技術
   3.1 非破壊検査
   3.2 破壊検査
   3.3 量産製造に入るまでの流れ

4.航空宇宙分野で使用する樹脂系複合材料の評価方法
   4.1 機械特性評価
   4.2 化学的,物理的な特性評価
   4.3 材料認定
   4.4 その他

5.規格基準やメーカー試験基準の動き
   (例:ISO規格,JIS規格,エアバス社の試験,他)

【質疑応答】