Home
->  1月開催 化学系セミナー 

アクリレートの種類、構造と選び方、使い方


1月開催 化学系セミナー  更新日:2018年12月 3日
 セミナー番号【901223】1/23 講師4名
★欲しい物性を得るために、多様なアクリレートの中からどう選ぶか?

アクリレートの種類、構造と選び方、使い方



■ 講 師


1.日本化薬(株) 機能化学品研究所 第1G 研究員 山本 和義 氏

2.大阪ガスケミカル(株) ファイン材料事業部 製品開発部 博士(理学) 小西 孝治 氏

  3. (株)日本触媒 事業創出本部 研究センター 主任研究員 金子 知正 氏
 

4.大阪有機化学工業(株) 化学品部 次長 猿渡 欣幸 氏

■ 開催要領
日 時 :
平成31年1月23日(水) 10:00~17:00

会 場 : [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
聴講料 :
1名につき60,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。


プログラム

【10:00-11:30】

1.ウレタン、エポキシアクリレートの構造・物性とその応用

●講師 日本化薬(株) 機能化学品研究所 第1G 研究員 山本 和義 氏

 
1.光硬化の概要
 1-1 光硬化と熱硬化
 1-2 アクリレート樹脂の光硬化機構
 1-3 光重合開始剤

2.アクリレート樹脂系モノマー・オリゴマー
 2-1 アクリレートモノマー
 2-2 アクリレートオリゴマー
 2-3 エポキシアクリレート
 2-4 ウレタンアクリレート
 2-5 ポリエステルアクリレート

3.機能性アクリレート樹脂の応用

4.今後の展望

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【12:10-13:40】

2.フルオレンアクリレートによる屈折性と耐熱性の付与

●講師 大阪ガスケミカル(株) ファイン材料事業部 製品開発部 博士(理学) 小西 孝治 氏

 

【ご専門】
有機金属化学、錯体化学

【習得できる知識】
フルオレンアクリレートの特性(高屈折率、高耐熱性、低硬化収縮、高柔軟性等)と
それらに関する評価方法。

【講座の趣旨】
フルオレン誘導体の特性と用途例について幅広く紹介した後、フルオレンアクリレートについて説明します。フルオレンアクリレートは特殊な構造を有しているため、従来のアクリレートには無い優れた特性の付与が期待されます。それらの特性と評価方法について例を挙げ、紹介します。

1.フルオレンとは
 1-1 フルオレン誘導体
  1-1-1 フルオレンモノマーの紹介
  1-1-2 熱可塑性樹脂フルオレンポリエステルの特性と用途例
  1-1-3 熱硬化性樹脂フルオレンエポキシの特性と用途例

2.光硬化性樹脂フルオレンアクリレート
 2-1 フルオレンアクリレートの紹介
 2-2 フルオレンアクリレートの特性と評価方法
  ~高屈折率・高耐熱性・高柔軟性を中心に~
 2-3 主な用途と配合技術
 2-4 最近のトピックス

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【13:50-15:20】

3.環化重合性アクリル系モノマーと主鎖テトラヒドロフラン環構造の特性

●講師 (株)日本触媒 事業創出本部 研究センター 主任研究員 金子 知正 氏

 

【習得できる知識】
・環化重合に関する一般的知見 ・環化重合に関する一般的知見
・α-アリルオキシメチルアクリレートの特性とそ発現メカニズム
・α-アリルオキシメチルアクリレートの特性を生かした応用例

【講座の趣旨】
α-アリルオキシメチクレートは、主鎖にテトラヒドロフラン環を形成しながら重合するアクリル系モノマーである。その特性について、メカニズムを
交えながら解説する。加えて、その特性を生かした応用例についても示す。

1.環化重合に関する一般的知見
 1-1 環化重合の特徴・課題
 1-2 環化重合の具体例

2.α-アリルオキシメチルアクリレートの特性
 2-1 重合のメカニズム
 2-2 モノマー構造・性状に関する特性
 2-3 重合特性

3.主鎖テトラヒドロフラン環構造の特性
 3-1 主鎖テトラヒドロフラン環構造と発現特性の相関
 3-2 主な発現特性

4.応用例
 4-1 反応性希釈剤
 4-2 その他

【質疑応答】
-------------------------------------------------------------------------------------

【15:30-17:00】

4.デンドリマー及びハイパーブランチ型多官能アクリレートの特性

●講師 大阪有機化学工業(株) 化学品部 次長 猿渡 欣幸 氏
 
【習得できる知識】
低収縮のUV硬化組成物、光感度の高いUV硬化組成物を得る方法
デンドリマー及びハイパーブランチ型多官能アクリレートを用いた
レジスト、UVインクジェット等の設計方法
【講座の趣旨】
デンドリマー及びハイパーブランチ型多官能アクリレートの種類、製造方法、特徴、応用を紹介します。

1.UV硬化材料の市場

2.デンドリマーとハイパーブランチポリマーの歴史

3.デンドリマーおよびハイパーブランチ型アクリレートの種類と合成方法

4.デンドリマーおよびハイパーブランチ型アクリレートの硬化特性
 4-1 粘度
 4-2 硬化速度
 4-3 硬化収縮
 4-4 硬化物のレオロジー

5.デンドリマーアクリレートの利用方法
 5-1 フィルムハードコート
 5-2 UVインクジェット
 5-3 レジスト
 5-4 期待される応用分野

6.まとめ

【質疑応答】